プラン・ジャパン

  • 「外メシ」1回を「内メシ」にして、浮いたお金で途上国の子どもと交流。
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

favorites


thank you for visiting

無料ブログはココログ

« 無題 | Main | 地震・帰宅難民・働くハハ その2 »

2011年3月14日星期一

実録:地震・帰宅難民・働くハハ

3月11日に発生した東北太平洋沖地震。続々と明らかになる被害実態に、ただただ心が痛みます・・・・
こんな時、何もできない自分をもどかしく思うのだけど、「何もできない」ではなく、「できること」をきちんとやろうと思います。
まずは募金と節電です。そしてこれ以上被害が広がらないこと、一日も早く被災地の普段通りの生活が戻ってくることを祈ります。

そして私にできること・・・まずは働く母と子が交通マヒ時にどうなったか、何を備えておくべきかを考えるために、私の場合を書き残しておきたいと思います。長いので折りたたみます。

うちはオットも私も都内勤務で、自宅は横浜。通勤はJR+私鉄で2時間弱かかる。
地震発生時はオットも私も職場だったのだけど、どちらも耐震・免震の高いビルなので、実際結構揺れたもののどれくらいの規模の地震だったかはよくわからなかった。
確かに今までなかった規模の揺れで、机の引き出しは全部開いちゃうし、キャスター付きの家具は全部部屋の中央に集まるし、部屋の壁に若干の日々が入っていた。
とりあえずドアを開けて出口を確保し、他の研究室にいた人たちと無事を確認しあい、ワンセグとネットで情報収集。オットから「無事か―?」とメールがあり、お互いの現況を知らせあう。

東京、震度5強!
おちびちゃんは震度7でも大丈夫!と建築士さんが胸を張ってた保育園にいるはずだから大丈夫だけど、問題は上の息子。ちょうど下校時刻じゃないか。
とりあえず携帯鳴らしてみるが、つながらない。(学校に携帯は持っていけないので、自宅にあるはずなんだけど)。今日は塾の日なので、帰ったら一度は携帯見るはず、と職場PCから携帯にメールを入れてみる。ほとんど使ってないけど、メールはきちんとできたはず。

仕事なんか手につくはずもなく、ネットとワンセグでひたすら情報収集。
すぐにでも帰宅したいのだけど電車が動いてるはずもなく、じりじりと時間を過ごす。ようやく上の息子からメール返信が!

「これからじゅくにいってきます」ってアンタ・・・orz

とりあえず無事は確認できたので、オットにメールし、自宅には誰も大人がいないので、余震の心配もあるけど「バスが動いてるようなら塾に行け」と返信。
メールも遅滞しているらしく、職場PCにもなかなか携帯メールが届かない。かなり時間がたってから「バス止まってた、じゅくいけない」って返信がようやく届く。こんな非常時は電話はできるだけ自粛と知ってはいたものの、事情が事情なので息子の携帯に電話してみるが全くつながらない。。。。。焦るが、逆に息子から携帯かかってくる。

・・・・どうやら自宅は停電してるらしく、息子半べそ。
電車は全く動く気配なく、周囲に大人が誰もいない状況で、これから暗くなってくる。この時点で頭がおかしくなりそうになるが、何とか冷静を保つ。まずは彼を大人がいる所に送り込むのが先決だ。

とりあえず、いつも一緒に塾に行ってる近所の友達とコンタクトを取るか、おちびちゃんの保育園(自宅から徒歩5分、上の息子も卒業生)に駆け込むように伝えるが、この時点で彼もパニック。一方的に電話を切られてしまう。
コラー!!!

電話かけなおしてみるが、やはりつながらない。するとほどなく息子から再度電話がかかってくる。
・・・・・なんと。
廊下を歩いてたら、何度もblogに書いてる超ご近所ご贔屓ケーキ屋さん(オーナーご夫妻が同じマンション、お子さんが息子の1コ下)にばったり会ったそうで。
前の職場を辞める時の菓子折りをお願いしたり、家族の誕生日ごとにケーキ買ってるのでいろいろお話しており、私が仕事をしてるのもご存じで。
「家に誰もいないんだったら、お店で一緒に待ってていいよ」と言ってくださったそうで・・・・crying

背に腹は代えられず、お願いすることに・・・・ありがたい、ホントにありがたい・・・・
ネットは全く問題ないのでオットと逐一メールで連絡取りあい、私からは全く携帯つながらないので、オットからケーキ屋さんオーナーにも連絡してもらう。

この時点で既に5時半、全く電車が動き出す気配がない。
職場の人や学生たちは既に泊まり込む覚悟のようだけど、坊主たちもいるし帰らない訳にいかない。オットとメールで相談し、彼にネットで情報収集担当をお願いし、携帯フル充電して予備にeneloop電源持って、とりあえず職場を後にすることにした。何の予感がしたのか、こんな日に限ってヒールじゃなく歩きやすい靴だし。

当然電車は動いてないので、まずはターミナル駅まで2駅を歩く。
途中の飲み屋街は、既に帰宅をあきらめた人で何気に結構にぎわってる。・・・・飲まなきゃやってらんないよねぇ。できれば私も飲みたいよ・・・・とか思いながらひたすら歩く。途中のコンビニでおにぎりでも買おうと思ったが、おにぎりもお弁当もお茶も全く売り切れ。みんな行動早いな。・・・・仕方ないので腹にたまってエネルギーになりそうなシュークリームとバタピーとカフェオレを買って、さらに歩く。

途中大きな道をいくつか通るが、渋滞はしてるものの全く動かないというほどでもない。都営バスは何とか運行してるらしい、という情報もある。・・・・横浜駅か、羽田空港までバスか?途中のホテルやビルでは既にブルーシートを敷いて仮設避難所になっている。

30分ほどでターミナル駅に着くが、ものすごい人。都営バス乗り場もタクシー乗り場も、長蛇の列。
どうせ高速は通行止めだし、どうしようか・・・と思っていたら、ちょうど新幹線が運行再開のアナウンス!!ラッキーなことに目の前の切符売り場は全然混んでおらず、あわててこだまの切符を買い、混雑する人の間をかいくぐり、こだまに飛び乗る。こだま、グリーン以外は全席自由席。普段ならグリーン車のデッキに立っててもグリーン料金取られるが、さすがに今回は座っていなければ見逃してもらえた。それくらいみちみち。
・・・・そんな中、グリーンが混んでるとか言って車掌さんに食ってかかるアホ親父がいる。車掌さんかわいそうだ。

新幹線はのろのろでも、何とか横浜方面に向かって進みだす。
・・・・この時点で既に19時30分。保育園は20時まで。電話は相変わらず通じない。焦る。停電してるらしいし、保育園の状況も心配。おちびちゃんの保育園友達母さんズにメールしてみる。なかなか送れなくてさらに焦る。しかも普段なら自動で受信するはずが、センターにアクセスしないと受信できなくなってる。むむむ・・・・

かろうじてつながったおちびちゃんのお友達かあさんが、迎えに行って一緒に預かってくれると返信が!
ありがたい~!!crying

その間もなかなかつながらないメールを何度もトライし、オットや実・義理両親、関係各所に無事です報告を送り続ける。ボスがちょうどオーストラリア出張中だったのだけど、ニュースを聞いたようで心配してメールをくださった。


そうこうしてるうちに、何とか新横浜まで到着。自動改札がほとんど機能しておらず、とりあえずタクシー乗り場を目指すが・・・・案の定長蛇の列orz しばらく様子を見てみるが、タクシー来る気配全くなし。
ここから自宅まで、まだまだかなりの距離がある。・・・とりあえず大きい通りに出てみて、タクシーなりバスなりを探すことにする。

途中オットになかなかメールが送れなかったりしたものの、携帯が通じてどの道を通るか指示を受ける。とりあえず横浜方面を目指すことに。でも、同じく歩いて帰宅する人はたくさんいるものの、初めて通る道だし暗いし、無事にたどり着けるか心配になる。ああ、こんなことならGPS付き携帯にすればよかった・・・iPhoneがシムフリーになったら絶対乗り換えよう。(その前に香港で買っちゃうかも)

途中のコンビニでトイレに入ったりしつつ、タクシーを探しながらひたすら横浜目指して歩く。しかし数台通るものの、みんな「回送中」。多分、新横浜まで戻って新たなお客さんを乗せるつもりなんだろう。タクシー乗り場以外でタクシー拾うのは、ほぼ不可能かもしれない。。。。

トータルして5キロ以上は歩いたあたりで、足が痛くなり始める。
・・・・と思ったら、コンビニで買い物のために停まっていたタクシーで、交渉している人がいる。この人がダメだったらお願いしてみよう・・・とダメもとで待ってたら、運転手さんから「横浜駅までだったら、一緒に行きましょう」って!
ありがたい!!
交渉してた人は今日大阪から都内に出てきたたものの途中で新幹線止まってしまい、何時間も待った挙句ようやく新横浜についたそうで、横浜の知人宅に泊まるつもりらしい。


・・・・続きます。

« 無題 | Main | 地震・帰宅難民・働くハハ その2 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 無題 | Main | 地震・帰宅難民・働くハハ その2 »