プラン・ジャパン

  • 「外メシ」1回を「内メシ」にして、浮いたお金で途上国の子どもと交流。
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

favorites


thank you for visiting

無料ブログはココログ

« ノらな~~い! | Main | ついにボケはじまりか!? »

2009年2月5日星期四

子育てに自信が持てない夫は、1日何時間働いている?

元ネタはこちら↓
子育てに自信が持てない夫は、1日何時間働いている?

・・・実はこの調査、恩師がかかわっていて、私も企画に参加させていただいたので、結果にものすごーく興味があります。(まだまだ継続されていて、赤ちゃんの時から大きくなるまで親がどんな風に変化していくかを追う調査)

結果は「やっぱりなー」と言う感じ。

親として自信をもって、適切な養育行動(子どもの世話)ができるかどうかを「親性」というのだけど、これは人間にあらかじめ備わっているものではなく、後から育ってくるものだと先行研究からわかってる。
つまり、子どもが生まれたから、産んだから親になれる訳じゃない、ってこと。

じゃあ何が親性を育てるか、どうしたら親になれるか、親として自信をもてるかと言うと、それはズバリ「子どもとのやり取りを通じて」。
子どもの世話をしているうちに、自分があやしたら泣きやんだとか、笑ったとか、そういったポジティブな反応が子どもから返ってくることで、徐々に親としての自覚が芽生えたり、自信を持って養育行動ができるようになる。
・・・・まさに、「子どもが親にしてくれる」訳です。

物理的に接する時間が少なければ、親性も育ちにくいっていうのは容易に想像できる。
きちんと家族と過ごせる時間を確保できるのももちろん大事だけど、そうも言っていられない場合(子どもが入院していて面会時間が限られている、とか)は「子どもと過ごす時間の質」を上げるのが大事。

じゃあいかに質を上げるか。短い時間ながらも「子どもといい時間が過ごせた」と思えるのは周りの人の影響も大きいわけで、子どもとの遊びや世話に参加できる状況を作ったり、時には参加せざるを得ないよう巻き込んだり(!)、ここが良かったね!と肯定的なフィードバックを返したり、といろんな「質を上げるかかわり方」が看護師としてできそう。
後はママに、パパにこんな風に声かけて子どもと遊んでもらおう!とか、パパはこれなら出来るんじゃない?と提案してみたり、パパにこんなことしてもらって良かったね!と声かけてみたり。

そのあたりをいかに実践(日々の仕事)で使っていくか。
まだまだ課題はいっぱいです。

090205

こんな風に考えると、研究と実践ってものスゴ結びついてるし、それを分かって仕事してるのとわからないでやってるのでは大きな違いがあると思う。・・・ので、実践どっぷりじゃなくて、研究も大事と思うんだよなぁ。。。

« ノらな~~い! | Main | ついにボケはじまりか!? »

Comments

うちのパパも「親性」がここ数年でだいぶアップしてきたかなと思います。
それにはその気にさせて考えさせて実践し続けるみたいな日常しかなんですよね〜

で、私たち二人揃ってちょっぴり研究好きなので、赤ちゃんがいつから人間になるのか、社会性の芽生えをスムーズに進めていくにはどうすればよいか?とか書物と目の前のサンプルを見てふんふん。と思ったりしています。

うちの兄、結婚もしてないのに小児科では妙にコドモに好かれていますけど、それはそれであんまり関係ないか〜
(ごめんなさい、変なコメントで… 笑)

ぬ〜...
仕事柄子供と過ごす時間がやたらと多かったちーかまは
時間があったわりには、質が.....(苦笑)

ただ、家の鬼嫁は子供が小学生まで保健士さんでしたので、子供のイベントにはやたらと強制参加させられました(笑)

小学校6年間(長女・次女)の三者懇談、授業参観はすべて私が出向いております(いいのやら、わるいのやら...)
次女が小学3年生のとき個別懇談で担任の先生に言われた言葉を今でもわすれません。
「○○ちゃんは父性をたっぷり注がれて育ってますが、言いにくいんですけど...母性が足りないような気がします....」
とね(爆)

うーーん、考えさせられるねぇ。
私も親って子供に教育してもらってる気がするよ。
何もないところからのスタートだし、
親子で日々コミュニケーションとりつつ
試行錯誤でひとつづつ理解できたりするのよねぇ。
以前母親に息子がまだ1歳ぐらいの時、こういわれたの。
「あなたがここまで優しく子供に接してるの見てると
えらいなぁと思うわよ、あんなに頑固で意地っ張りのあなたがね、ここまでできるなんて・・・・。すごいと思うしお母さんはこれに関しては頭が下がるわよ。」ってね。
自分の母親にこんな風に言われてびっくりしたけど
自分も子供を持ってやっと親のありがたさがわかるようになってきたからね。
いろんな意味で感謝です。

・・・・長々とごめんねぇ~!

まとめでごめんなさいsweat01
>ちゅとさん
コメントありがとうございます~!
blogでパパさんの活躍ぶりも見させていただいて、素敵ですheart01
子どもの社会性の発達も、実は周囲の影響が大きくて、見てておもしろいと同時に責任も大きく感じたりしてsweat02
「子どもに好かれる」ってのは、実はものすごく才能がいることかもしれません!彼らは打算がない分人をよく見てますからbleah

>ちーかまさん
奥様と同業者で昔保育園の先生から同じことを言われた私としては、鬼汗ですcoldsweats02
おかげでウチの夫も父性バリバリです!?
日ごろ仕事で、子育ての場にパパを引っ張り出すことに苦労することが多い分、積極的に参加されてるパパさんはそれだけで大拍手です!

>yuriさん
実の母の言葉、さすがに重みがありますねconfident
そのyuriさんも、昔お母様を親にして、今息子さんから親にしてもらってて・・・
そうやってつながってるのかな~と思います。

あっ、別件、mixiメッセします!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ノらな~~い! | Main | ついにボケはじまりか!? »