プラン・ジャパン

  • 「外メシ」1回を「内メシ」にして、浮いたお金で途上国の子どもと交流。
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

favorites


thank you for visiting

無料ブログはココログ

« VQ1015=ちっこいかえるちゃん | Main | 間違った風邪の治し方 »

2008年12月15日星期一

カメラ日和学校秋講座最終回 と 今年も牡蠣づくし!

カメラ日和学校秋講座の最終回でした。
今回の先生は長嶺輝明先生。実は雑誌とか単行本なんかでよくお名前を見ていた。テーマが「かわいい写真」だったので、どんなもんだろう・・・と思っていたのだけど。

いきなり宿題が「写ルンです1本(27枚)を使って、私生活写真を撮ってくる」。
・・・マジ?
写ルンですなんて、使うの何年ぶりだろう。。。晴れた日中ならいいけど、私の私生活は早朝か夜中心sadフラッシュ抜きには多分写らないだろう。けど、あのフラッシュのギラギラした感じが苦手。。。。
ってなわけで、フラッシュにトレーシングペーパー貼ってみたりしたのだけど思うような効果得られず。結局今回の宿題も「何だかな~」って感じに。。。wobbly

でもって当日。
宿題を一同に広げて先生のコメントをいただくのだけど、このコメントが深い!!
「写真を見るとその人がどんな人かわかる」とか「写真年齢」とか。

・・・私の写真は、コメントの価値もなかったような。。。
「カッコつけなくていいんだよ」と言われたのは結構印象的でした。。。。そうですか。。。。そんなつもりはなかったのだけど、自分にカッコつけな要素は確かにあるので、そこが見透かされたようでドキッとしました。

081213

実は、自分の写真を見て自分のものの見方に気づき、愕然としたことがある。
それは人物の撮り方。
どこか遠くて、あんまり近寄りたがっていないというか、一定の距離感を保っていたがっているような・・・・・上手く言えないけど、自分で思っているほど人間が好きじゃないのかな、どっちかというと少し離れた所から見ていたがってるのかな、とも思えて正直驚いた。
・・・・写真って本当にものの見方が正直に出ると思います。だからこそおもしろいし、やめられないのかも。

そんな「かわいい」と相反するような!?ディープな教えを得た後は、新橋に移動し毎年恒例!?タムタムさんの牡蠣宴会に参加させていただきました。

詳しくはたむたむさんのblogで。
いや今年も本当に美味しくて楽しくて、いい夜でした。

081213_2

上海蟹。
私、体調悪いと蟹は当たるので、残念ながら遠慮してしまったのだけど、相当美味しいらしいです。
毎年本当にありがとうございます。今年も堪能させていただきました!

« VQ1015=ちっこいかえるちゃん | Main | 間違った風邪の治し方 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« VQ1015=ちっこいかえるちゃん | Main | 間違った風邪の治し方 »