プラン・ジャパン

  • 「外メシ」1回を「内メシ」にして、浮いたお金で途上国の子どもと交流。
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

favorites


thank you for visiting

無料ブログはココログ

« 自らをtoolとして使う | Main | 産科救急 -「親」の功罪は?- »

2007年9月1日星期六

星のかけらを探しに行こう

夫の会社つながりな方々で、毎年恒例の夏野外ライブ。
おちび連れだとなかなか夫のライブを見に行く機会もない(さすがに、音量が。。。)のだけど、野外なら!というわけで、午前中サッカーの練習を終えた上の息子を風呂に突っ込み(だって、ホントに汗臭い!!!)、参戦してきますた。

星のかけらを探しに行こう

アタシのお気にバンドに、ギリギリ間に合った。やっぱカッチョイイぜ。

星のかけらその2

複数バンドあったうち、夫のバンドは今回トリ。オリジナルを封印して今回はみんなが知ってる曲中心だったのだけど、それが今回は良かったかも。。。
ラストの「星のかけらを探しにいこう by福耳」ではみんなでノリノリになってくれて、これはプレイヤー冥利に尽きるよね!
写真には写ってないけど、最初は持ってったボールで全力でサッカーばっかしてて全然演奏聴いていなかった上の息子が、なぜか突然メインスピーカーの上に上がって超ノリノリだった。普段はおとなしいと言うかヘタレな子なので、母ドン引き!?

星のかけらその3

ついでにこの人も。
音楽好きは絶対、遺伝に違いない。

夫のバンドも長くやっているだけあって、久々に聞いたらさらにこなれて安定して聞ける、と言う感じ。現在レコーディング中で、私はジャケ写を担当予定。練習中の子守り(!?)だけでなく、ここでも内助の功(って、程のもの!?)
乞うご期待、です。

« 自らをtoolとして使う | Main | 産科救急 -「親」の功罪は?- »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 自らをtoolとして使う | Main | 産科救急 -「親」の功罪は?- »