プラン・ジャパン

  • 「外メシ」1回を「内メシ」にして、浮いたお金で途上国の子どもと交流。
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

favorites


thank you for visiting

無料ブログはココログ

« ほんとうは、ききたいんだよ。 | Main | Aliのblog »

2007年2月6日星期二

どうせ丸投げなら。。。

徐々に新しい職場の全容が見えつつある今日この頃。
まだまだ事務仕事ばっかしてます(T_T) とりあえず3月まではほぼこの状況。事務仕事は苦手だしタイクツなんだけど、まずは与えられた仕事を首尾よく質良くきちんとこなせるようになるのも、自分の課題かもしれん、と前向きにとらえることにした。かーなーり翻弄されつつもaccessの超基本的な使い方は分かってきたので、何とか必要なことはこなせるようになってきたし。(それにしても、何て意地悪で不自由なソフトなんだろう、accessって!!)

で。
病院の性質上、本当にいろんな患者さんが来るので、当然日本語が全っ然喋れない外国人も来る。その人数もそこそこいるので、基本的には医療通訳の方をお願いする。だけど今回は、普通に通訳を探そうと思ってもなかなか見つからない希少言語しか話さない親御さんに治療の説明をしなくちゃならなくなったそうで、担当者が必死で探してたけど見つからない。

困った困ったどうしよう、という時、ふとひらめいて、ダメモトでお知り合いに連絡を取ってみた。

ビンゴ!

日本語-その言語はちょっと微妙だけど、英語-その言語ならOK、しかもボランティアで引き受けてくださる、と言う方にめぐり会えた。(ホントにホントにありがとう~!>Nikiさん)
良かった~と思うのもつかの間、通訳してもらうために、その方に詳しい治療の内容を説明しなくちゃならない。しかも英語で。

この時点で、担当者は私に丸投げ(-_-;

英語って使わないとどんどん忘れちゃう。もともとアヤシイ英語力を総動員して書き、さらに英語堪能な方に添削してもらって、何とか説明。通訳さんも事前にいろいろ予習してくださり、当日は朝早くから準備して、ばっちり時間に間に合うように来てくれた。

時間はかかったものの、治療の説明&通訳は無事終了。お父さんは片言日本語OKなので今まで説明はお父さんだけにされていたのだけど、どうも正しく伝わっていなかったみたい。お母さんは日本語・英語×なので最初はすごーーーく不安そうだったのだけど、自分にわかる言葉で説明してもらって質問もできたことで、すごくほっとされていた。ホントに良かった。

・・・とここまでは良かったのだけど・・・
丸投げした担当者が、何だか中途半端にいろんな横槍を入れるので、めっちゃ翻弄されました(-_-#)
貴重な時間をさいてボランティアに来てもらったのに、横槍やら事前のネゴ不足でめっちゃ待たされ、長引き・・・なんか申し訳なかったな・・・
それ以上に腹立たしかったのが、ボランティアなんてどうせヒマ人がやるんだから、来てもらって当たり前、みたいな担当者の態度。私はボランティアって、対価としてお金ではなく、達成感とか充実感を受け取って仕事をしてもらう人、と思っているので、当然とても大事にしなくちゃと思ってる。だから正反対な担当者の態度は、ちょっと、いやかなりどーかと思いました(-_-###

そんなことがいろいろあって、ここ最近はストレス溜めてました。だけどまぁ、そーいう人だしそーいうもんだ、と思うようにして、ちょっと楽になるよう心がけてます。

070206

数年前に、金沢で撮った写真。構図も全然考えてないし、なんかテキトーに撮ってたんだろうなぁ、と反省する次第。

« ほんとうは、ききたいんだよ。 | Main | Aliのblog »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ほんとうは、ききたいんだよ。 | Main | Aliのblog »