プラン・ジャパン

  • 「外メシ」1回を「内メシ」にして、浮いたお金で途上国の子どもと交流。
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

favorites


thank you for visiting

無料ブログはココログ

« どうせ丸投げなら。。。 | Main | 最近消息 »

2007年2月13日星期二

Aliのblog

おちびちゃんと同じ咳をして、交互に風邪をうつしあってます。(これを、ピンポン感染と言う。)
夜泣きする彼に付き合って寝られず、でも仕事は休めず。。。で、肉体的にも精神的にもかなりギリギリ。。。連休も休みだったような、寝込んで終わりだったような。。。
せっかく連休中にご近所さんに誘ってもらった「たこ焼き会」もドタキャンして寝込んでいたにもかかわらず、2人してちっとも体調は回復せず・・・しかも、おちびちゃんはさらに悪化の一途をたどってます。。。(あああ、ドタキャン、本当にごめんなさい・・・たこ焼き食べたかった・・・そしてナイスなおじ様で大ファンな、Philにも会いたかった・・・)


それはさておき、すごい大好きなスクラップブッキングアーティストのblogを毎日チェックしてるのだけど、先週からちょっと気になる広告が貼ってあった。

読んでビックリした。
彼女の作品にはよく小さい息子さんが取り上げられていて、とてもグラフィカルでクールで素敵なんだけど、いつも息子さんへの愛でいっぱいにあふれてるなぁと思ってた。

その息子さんが、自閉症だという。
数年前に診断されていたそうなのだけど、今までそんなこと、一言も触れてなかった。写真の彼女と息子はいつも幸せそうで楽しそうで、そんなこと微塵も感じさせなかった。でも今回それを告白し、まだよく分かっていない自閉症の研究を進めるための団体への、寄付を募っての広告だった。

子どもに病気や、障がいがある。
それを認めるのは、つらい。人に話すのは、もっとつらい。自分の気持ちがふっきれないと、とてもできそうにない。

増してや今、その筋では超有名人で、夫は議員さんで、社会的にステータスもある方だけに、その影響力は大きい。大きいからこそ、逆に自分が発言することで、より多くの寄付を募ることができると考えたんじゃないだろうか。

そこに至るまでの彼女の気持ちの移り変わりを考え、今までかかわってきた病気の子どものお母さんたちを重ね、何だか涙が出そうになる。

・・・ああ、何か上手くいえない。続きはまた後日。

加えて、この話についてのこれまた有名なSBアーティストの娘さんの話が、また感動的。子どもがこんなに純粋に他人のことを考え、思いやってくれるなんて。

« どうせ丸投げなら。。。 | Main | 最近消息 »

Comments

ばりーさん こんばんは☆
オンラインクラスでご一緒させて頂いてるhappypotです。
素敵なblogですね。
私のbloglistに加えさせてくださいね。
ばりーさんは英語ができるんですね!
英語力0の私はAliのblogを眺めるだけ終わってます(ーー;)
Aliが自閉症に関わる団体へ寄付をしていることはikukoさんの記事で知り、SBイベントで参加したスクラッパー達の有志がその寄付に参加したりと活動は知られているんだなぁ~と思っていたんですが
まさかS君が自閉症だったとは・・・
私には「健常者」と呼ばれない家族がいます。
今はもう胸を張って堂々と言えますが、小~中学生の頃は無理でした。
本当に勇気のいることだと思います。
それができる、受け止める土壌があるのっていいですよね。
初めてのコメントで語ってしまいましたが・・・
これからもヨロシクお願いします。

happypotさん、こちらこそお世話になってます(^^)
ウチのblogrollにも、ぜひ加えさせてください☆

Aliさんの話、ikukoさんのblogにあったんですね。私のアヤシイ英語での見間違いかと思ってたんですが。。。

子どもの病気や障がいって、家族が受け入れないとそこから先に進めなくなってしまうのですが、それは本当に難しいことなんですよね。。。受け入れてからも、様々に葛藤があって揺れ動くし、発言したことでさらに傷つくこともあるし・・・

happypotさんも、きっとたくさんの葛藤を超えられてきたのですね・・・

いろんな病気や障がいがあっても、それをお互いにカバーしあって生きていけるように、何をしなくちゃいけないか考えていけたらいいな、と思います。

何かディープな話題でゴメンナサイ・・・これからも、よろしくお願いしますm(__)m

オマケです・・・

「自閉症」をどのように定義するかで違ってくるのですが、日本では36万人~120万人の自閉症の方がいらっしゃるそうで、およそ1,000人に一人の割合です。
Aliさんのblogによるとアメリカでは150人に一人、とのことで、決して他人事な珍しい病気ではなく、自分の身近なことでもあるのだな、と思います。

あと、Aliさんのblogからリンクされている団体への寄付を試みましたが、アメリカの住所が必要なようで、頓挫しました(^^;; 違うところで協力したいと思います(^^;;;

ばりーさん、こんにちは☆
オンラインクラスでご一緒させて頂いているモノです♪
Aliさんの記事は私もよく読むのですが、S君が自閉症だったなんてとってもビックリで、そして複雑な気持ちです。
AliさんのBLOGでそれを読んでから、自閉症ってどんな病気だろう?って検索してみました。
Aliさんっていつもとても明るくて、S君と一緒の写真とかホントに幸せに満ち溢れていてステキで・・・。
でも、その背景にはきっと大変なこともいっぱいあるのだろうなぁと思うと胸が痛みます。
寄付、日本からはできないのかなぁ?
少しでもいいから、みんなでAliさんの為に何かできたらいいですよね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« どうせ丸投げなら。。。 | Main | 最近消息 »