プラン・ジャパン

  • 「外メシ」1回を「内メシ」にして、浮いたお金で途上国の子どもと交流。
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

favorites


thank you for visiting

無料ブログはココログ

« 十一月 2006 | Main | 一月 2007 »

十二月 2006

2006年12月31日星期日

大晦日:今年もありがとうございました

早いもので、今年ももう終わりです。
2006年は、本当に激動の年だったな。明けてしょっぱなから高熱を出し、そのまま帝王切開に突入。かけがえのない、新たなたからものを手に入れたものの、さすがに産後は上の息子のときよりつらく(年のせい!?)、疲れも癒えぬままだらだら家で仕事し、怒涛のように産休明けで復職&3月退職。4月にちょびっとゆっくりできるかと思ったらそのまま5月からバイト生活に入り、今までの仕事を非常勤としてやりつつ、恩師のお手伝いで事務仕事&英語&プレゼン、11月に非常勤を終えたら間髪いれずに12月から転職。

・・・あわただしかったなー(@_@)

今まで自分の力を過信してたな、とも思った1年でもありました。
自分でできることには限りがあって、欲張っても何でも手に入れようと思っても、どんなにがんばって努力しても、それは無理なんだな、って。無理してがんばっても自分の周りの人や、自分自身が破綻する。そうならないように、何でも手をつけずにまず事前に選択することも必要なんだな、って思いました。修士も含めてここ数年、本当に人の力なしには成り立たなかった。

・・・来年は、人の力を借りるばかりじゃなくて自分の力も供出できるようになるといいな。そうなるように、もう少し余裕のある人生を送るのが、2007年の目標です。小学校に上がる上の息子と、おちびちゃんとも余裕をもって過ごしたいし。とか言いつつ、仕事もまったく中断することなく、ペースダウンして継続していきたいな。・・・・って結局欲張り!?いえいえ、「あまり」欲張り過ぎないようにやって行きたいと思います。

関係各位のみなさま、今年もお世話になりました。来年も、どうぞよろしくお願いします。

2006年12月28日星期四

仕事納めてきました

今日で仕事納めでした。
・・・とは言っても、まだ始めて1ヶ月もたってないのだけど。。。
ここ最近は、ひたすらデータベースを作ってます。毎日Accessと格闘して、やっつけたりやっつけられたりしてます。ちょっとは分かってきたつもりだけど、まだまだ全然わからない。。。SQLクエリって何だよ。関数Excelとおなじにしてくれよ。頼む。

061226

これも自分に与えられた大事な仕事なのはわかっているけど、やっぱりもうちょっと子どもに近い仕事がいいなぁ。。。それは、今与えられた仕事を確実に質良く達成できれば、そのうちやらせてもらえそうな感じ。とりあえずは文句は置いておいて、今与えられた仕事を確実に達成しよう。

やはりいろんなところで無理があったのか、12月は喉が腫れてない日がないくらい、地味~~~に風邪を引いていた。桔梗湯(←喉の痛みに効くらしい漢方)飲んで、休まなくちゃだな。。。

2006年12月24日星期日

merry christmas !

おちびちゃんは熱が下がったと思ったら今度は激しく咳。昨日は土曜日だと思ったら祝日で、近所のクリニックに駆け込もうにも休診。慌てて休日診療所に駆け込み咳止めをもらって何とかしのいでたら、今日は低空飛行ながらも元気になってきた。このまま良くなっておくれ。

で、世の中はクリスマス・イブなのだ。世間はイベントだらけなのだー
というわけで、我が家も何か子どもが喜ぶイベントを!ってことで子ども向けミュージカルを鑑賞に。

061224_1

日本橋三越のツリーは、シックで素敵。
そして店員さんがめちゃめちゃホスピタリティにあふれていて、すんごく気持ちよくお買い物できるところも素敵。いいなぁ、百貨店って!あとはお金がたくさんあったら、どんなにか楽しいところだろう。

それはさておき、ミュージカルは上の息子釘付けでした。おちびちゃんも10分くらいジーっと見ていて、歌になると手をジタバタしてオーッと雄叫びをあげ、そのうち激しくぐずり出し、疲れて寝てしまいました。・・・忙しい人だな。私はそんなおちびちゃんに付き合い、夫は上の息子に付き合ってるうちに途中で睡魔にさらわれてしまいました。そんな感じで思い思いに楽しみ(?)、ケーキを買って帰宅。

061224_2

今年は作るの断念し、アンテノールで買っちゃった。美味しかった。生クリームがいいお味。
ケーキは買っちゃったけど、今年も丸鶏、焼きました~!・・・・いやホントは、鶏も買うつもりだったけど良いのが売ってなかったのでやむなく丸鶏買ってきて、焼いたのでした。詰め物はパンが主だったのだけど、ご飯にすればよかったな~~~きっと鶏の味がしみてて、美味しいに違いない。
夫のバンド仲間なみなさま、そんなわけで初練習のあとの新年会?は、丸鶏リベンジかもしれません~~~

2006年12月21日星期四

ついに小さい方からダウン

新しいことをはじめると、何かと無理が出てくるもので。
朝早かったり帰り遅かったりのしわ寄せが、着実にたまりつつあったようで。

ついに病気知らずだったおちびちゃんが、熱出してダウン(T_T) もうすぐ1歳で母乳の免疫も切れる頃?39度の熱に、かーさんはオロオロしてます。。。(って、私、ホントに小児の看護師!?)
はじめはお腹下し気味だったので「ノロかも~~~(T_T)」と半泣きだったのだけど、それは何とか免れたらしい。

しかし。

熱ある割には両手挙げて「バンザーイ!」のまま、歩行器乗っかってすんごい勢いで「シャーッ!」と部屋の端から端まで移動するおかしな乳児・・・ 元気はあるらしいのだが、おかーさんは別の意味で、ちょっと心配。

061221

3月まで4日間しか有給がないのがイタイ。
自分の病気は気力と根性で何とかなる(する)ものの、息子たちはどうしようもないもんなぁ。。。
おちびちゃんと一緒にちょっと休息をとろう、と思ったものの、さすがに熱のせいで微妙にご機嫌が悪く、寝つきも浅くてまとまって寝られない。その度に起こされて、結構ヘロヘロ。。。

そんなところへ昨日は立て続けの訃報。カンニングの中島さんが亡くなったのが、本当にショックだった。同郷・同世代でめっちゃ応援してただけに、その無念さを思うと泣ける・・・・つつしんでご冥福をお祈りします。

2006年12月17日星期日

新しい仕事について少し

えーっと、新しい仕事を始めて2週間が経過。まだまだ慣れないです・・・

今度は看護師というか、白衣を着ない看護師と言うべきか。
直接患児ちゃんたちのケアをするのではなく、例えば病棟内で子どもと家族に何か問題が起こったときの相談や、退院して地域で生活するためのいろんな機関との調整役、地域の訪問看護スタッフの教育研修、電話相談と何だかめちゃめちゃ幅広く、色んなことをやっている部署で働くことになりました。3月まではひたすら諸々事業に関する事務仕事をこなしつつ、事業の内容を知っていくことに。

で、ひたすら毎日パソコンと格闘してます。Word、Excel、パワポは一通り人並みには使えるけど、今度はAccessを使いこなせ指令が。クエリって何だよ!? またも看護師なんだかSEなんだか、何者状態になってます・・・・

たまに外来をちょろちょろして、子どもと接することができるのは嬉しいが、とりあえず年度更新の契約社員なので、最初のうちはあまり重要な仕事は任されない予定。残念なような・・・でもその分、きっちり定時で「帰ります!」宣言ができるのは、息子就学前でおちびちゃんがいる今の状態では、ありがたいといえばありがたいのかも。

責任ある仕事を任されると、自分の思うとおりにガンガン充実して働けるのだけど、その分時間的制限は大きくなる。でも今は、仕事も大事だけど上の息子やおちびちゃんにもうちょっと手をかけてあげたい。
そのバランスが難しいよなぁ。。。。

まだまだ働く母には、世間は厳しいっす。

新しい仕事について少し

余裕がないとか言いつつ、既に職場最寄り駅で美味しい韓国食材店とパン屋を開拓。キムチ美味しい!とチヂミも買ってみたら、これまた美味。シアワセ〜
美味しいものを食べて、また明日からがんばるです。

地元なKさんMさんご夫妻、お引越しまで美味しい店情報交換しましょうよ〜!

クリスマス会

新しい仕事+生活にまだちょっと慣れきれず、かなりいっぱいいっぱいな今日この頃。
学ぶことや感じ入ることはたくさんあって、それぞれ残しておきたいのだけど、未だ追いついていない感じ。まぁ、ぼちぼちupしていこうと思います。

今日は息子たちの保育園のクリスマス会でした。
子どもたちが、日頃の歌・合奏・劇の練習の成果をいかんなく発揮。みんなとっても一生懸命で、息子たちもそれぞれお遊戯や劇を披露し、上手だなぁ、偉いなぁ、がんばったなぁ、と一人うるうるしてました。うるうるしやすくなったのは年のせい!?

いやそれはさておき、みんなすごーく良かったです。親ばか丸出しだけど、自分の子もとっても良かった。感激でした。(←ホント親ばかだ)

061216

で、夜は息子たちを夫に押し付けお願いし、しこたま飲んできました。
いやーーー楽しかった。久々たくさん喋ったな。最近パソコン仕事が多くて腐りがちだったので、本当に楽しかった。やっぱ人との交流は大事。私には一人で黙々とこなす仕事は向いてないかも。それが結構ストレスだっただけに、みんなありがとね~~~!!

2006年12月11日星期一

最近の近況とか少し

12月1日付で就職しました。非常勤なんだけど週5のフルタイムで、契約社員のような扱い。今までの仕事より、子どもに近くなって嬉しい!反面、今度は看護師ではなく少し違った業種なので、慣れるまで少し時間がかかりそうです。。。。周囲は私より一回り年上、百戦錬磨の頼もしいお姉さまがた。いろいろと、学ばせていただこうと思います。うひー、がんばらなくちゃだよ。

061206


今日、息子たちの保育園で、すごい悲しいことがありました。。。。
ショックでしばらく立ち直れなそう。。。。感情的になりそうなので、明日人に話すのはやめにして、もう少し気持ちが落ち着いてからにしようと思います・・・

2006年12月9日星期六

子どもの臓器移植

<臓器移植>愛知の9カ月女児、米で手術終了 五つの臓器 (毎日新聞 - 12月09日 15:40)  米国のマイアミ大ジャクソン記念病院で8日深夜から行われていた、生まれつき腸に神経がない難病「全結腸型ヒルシュスプルング病」の山下みらいちゃん(9カ月)=愛知県春日井市=に対する臓器移植手術が、9日午前11時ごろ終わった。父親の努さん(41)から支援団体「山下みらいちゃんをすくう会」の住友隆介会長に入った電話によると、移植した臓器はすべて順調に機能しているという。

 移植されたのは胃、肝臓、脾臓(ひぞう)、小腸、大腸の五つの臓器。努さんは電話口で「支援してくれた皆さんのおかげです」と喜び、母親のメリーザさん(26)は涙で言葉が出ない様子だったという。住友会長は「ボランティアや移植費用を寄付してくれた多くの人たちのおかげで、この日を迎えられた。感謝しています」と話していた。

 みらいちゃんは1週間ほど集中治療室で治療を受けた後、一般の病棟に移り、順調にいけば1カ月程度で退院。その後、病院近くのアパートで暮らしながら1年ほど通院を続けることになるという。【荒川基従】

http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20061209k0000e040079000c.html

全結腸型という重症な子までは行かないけれど、ヒルシュスプルング病の子にはたくさん出会ってきた。それだけに他人事じゃなくて、少しだけだけど寄付をさせていただきました。無事に成功してよかった。本当に、良かった。

子どもの臓器移植にはまだまだ課題が多くて、ドナーの家族に対するケアも真剣に考えていかなくてはならないと思ってる。でも失われていく命が、別の子に宿ったと考えると、それは喜ばしいことなのかもしれない。

« 十一月 2006 | Main | 一月 2007 »