プラン・ジャパン

  • 「外メシ」1回を「内メシ」にして、浮いたお金で途上国の子どもと交流。
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

favorites


thank you for visiting

無料ブログはココログ

« 十月 2006 | Main | 十二月 2006 »

十一月 2006

2006年11月29日星期三

実家帰省中

12月1日付けできちんと就職することにしたので、しばらくまとまった休みも取れないだろうし、孫の顔も見せなくちゃだよなぁ、と急ぎ実家福岡へ帰省。土曜日から発熱しちゃった上の息子は熱が下がらず、どうしようかと迷ったのだけど・・・「ぜったい、福岡のはとこと遊ぶ!」と断言したため、解熱剤を飲んで飛行機搭乗。着いたその足で実家近くの小児科に駆け込んだのでした。(その小児科で、偶然高校時代の同級生に再会!!すごい偶然!)

翌日には何とか熱も落ち着き、元気になってきたので、じじ・ばば・妹に子守を押し付けお願いし、中学時代からの友達(+息子)で集ってランチ。

実家帰省中

ホテルランチなのに安くてサービス良くて、大満足。そしてみんな全然変わってなくて、話盛り上がること盛り上がること。
楽しかったな〜、平日なのに、ありがとね。

やっぱ福岡いいわ〜
食べ物安くて美味しいし、人も良いし、何より方言ネイティブで喋れるのが良い。大満足でした。

しかし楽しい時間の後は、人見知りのため昼間ギンギン大泣きしたおちびちゃんが激しく夜泣きして、全然寝られませんでした・・
トホホ・・(T_T) 彼に淋しい思いをさせた罰が当たったか。

2006年11月25日星期六

フリマ!

夫の会社のお友達でご近所さんツナガリな4家族で、日産スタジアムのフリマに参加してきました~

フリマ!

どうやら出店者1,000店規模で業者の参入も多数あり、すっごく盛大!!
不用品を山ほど持ち込んだのだけど、値段を気にしなければそれなりに売れて、ほぼ完売でした。捨てるしかない~、と思ってたものが、合計1万7千円程になって超びっくり!!いやー、買ってくれる人っているもんだ。

しかも、買わなくちゃだなと思ってたママコート(おちびちゃんをおんぶしたまま着れる、背中が膨らんだコート→こんな感じ)を500円!でゲットし、Martha Stewert Living(←大好き)のバックナンバーを2冊で200円でゲットし・・・と掘り出し物もあって、内心ホクホク。素晴らしいよフリマ。

上の息子も遊戯王カードとゲームボーイのカートリッジをゲットしてホクホク。・・・と思いきや、だんだん顔色が悪くなり、ぐでぐでし始めたと思ったらなんとすごい熱!!風邪を引いてしまったようでした。あちゃー、はしゃぎすぎちゃったか。

それでも楽しかったので、来年も出店すべく、せっせと不用品集めに励む(=無駄遣い?)ことに決めたのでした。申し込みやらいろいろお取りまとめしてくださったひさしさん&まいさん、ありがとうございます~

2006年11月23日星期四

山中湖

我が家の小旅行は、概ねいつも突然。今回は6年で10万キロ走っちゃった愛車とお別れし、新車購入した夫がどーしても!長距離乗りたい!ということで発案し、言い出してから5時間後くらいにはホテルの予約も取れちゃって、あっと言う間に山中湖に決定。

早いなー、いつもながら。

しかし、山中湖さぶかった。
でも温泉、すごい良かった。あと、途中で寄ったイタリアンのお店「ZAZA LE BISTRO CAFE」、アンティークいっぱいの内装も良かったけど、ごはん美味しかった!うるさい&散らかし&お汚しなおちびさん2人を連れても嫌な顔ひとつせず、そっとティッシュを差し出してもらってありがたかった。昼間はテラス席ならわんこ連れもOKらしい。

061123

冠雪した富士山がとても綺麗で、デジイチ持って行かなかったのをめちゃめちゃ後悔しました。突然思いついて温泉入って帰ってきた割には、とてもリラックスして楽しめました。突然旅行も、いいもんだなー

2006年11月22日星期三

鎌倉珍道中

香港から友達が来た。
正確に言うと友達は妊娠中(オメデトウ!体を大事にね!)なので、その夫と、オーストラリアに移住した彼の友人が同時に来日。主たる目的は「紅葉撮影」(と、カメラ購入)。友達は香港で写真学校に通い、かーなーりの腕前なので、一緒に撮影ツアーに行かない手はない!と、連れ立って鎌倉へ撮影プチ旅行に。

鎌倉珍道中

いい天気・撮影日和でした。

英語・広東語・時々日本語が飛び交う中、ドライバーはすぐに道に迷う私ときたもんだ。鎌倉は全然知らない友達になぜか道を教えられつつ(!?)、最近ほとんど使ってないのでますますアヤシい英語を並べつつ
(お昼に蕎麦を食べたのだけど、私の怪しい英語では、黒い蕎麦と白い蕎麦の違いとか、蕎麦湯の楽しみ方を伝えるのは無理でした(>_<) こりゃいかん、勉強せねば~~~)
それでも、日本・香港・オーストラリアの違いを話したり笑ったりしつつ、楽しく撮影してきました。

写真談議、ホント楽しかった。同じ趣味の友達って、共通の認識があるから多少の語彙の不足なんて補いあえて、伝わりあうのもまた良かったなー。
今度はぜひ、香港&オーストラリアで撮影ツアー、したいです。今日はほんとにありがとう!

2006年11月20日星期一

手づくりケーキ!?

今日がホントの夫誕生日。
パパを愛してやまない上の息子が、いつもはDSばっかりやってるくせに珍しく一念発起。パパのために何かしたい!という気持ちをくんで、一緒に手作りケーキにチャレンジ!!

手づくりケーキ!?

飽きっぽい上の息子も作れるようにと、ホットケーキミックスを使ってかんたんケーキにしてみた。

・・・ケーキって言うか、パウンドケーキみたいな味と硬さ。。。。かなり、ビミョー。

まぁ味はともかく、愛はたくさん詰まってるから、大目に見てもらおう。というわけで、Happy Birthday,夫!

2006年11月19日星期日

鴻運で牡蛎づくし!

我が家ではすっかり「美味しいものを知ってる偉い人」として通っているタムタムさん(いや、もう「様」付けでお呼びしたいくらい)主催の、鴻運での牡蛎宴会に誘っていただいた。
去年は12月だったのだけど、今年は上海蟹と一緒に味わおうというのでこの時期に。牡蠣は広島のすごく大振りなもの、そして上海蟹なんて!!

・・・実はおちびちゃんから風邪をもらって微妙にグズグズな体調の中、天気悪いにもかかわらず、「おかーさんばっかり美味しいもの食べに入ってずるい」とおかんむりな上の息子を放置しつつ、行ってきました。

・・ところが、お金の次に忘れちゃいけない(!?)カメラを、(またも)忘れる大失態!

鴻運で牡蛎づくし!

というわけで、美味しそうな写真はタムタムさんのblog&HPを見て思い出すことにし、恒例の大料理写真撮影風景を撮ってみた。

みなさん美味しいもの好きさんで、いろんな業種の方がいらして、初めてお会いする方も多かったのだけど、とても美味しくて楽しくて、良い時間を過ごさせていただきました。いつも思うんだけど、いい人のところにはいい人が集まるんだなぁ。
にんにくたっぷりの牡蠣(蒜蓉蒸生[虫豪])効果もあり、すっかり風邪も良くなった気がします。

タムタムさん、ありがとうございました!

中国家庭料理「鴻運」
本店:東京都港区新橋2-2-6 tel.03-3502-2882
新店:東京都港区新橋2-8-17 tel.03-3502-2886

ここ本気で美味しいです。さすが、タムタムさんのオススメだけあります。

2006年11月18日星期六

お誕生日おめでとう

夫誕生日をお祝いしました。本当は月曜日なのだけど、ちょっとフライング。

お誕生日おめでとう

・・って、なぜ焼肉!?

まあ本人の希望だから良いのです。
ご所望だったバッグをプレゼントし、そして上の息子と手作りした!ケーキ(とは言っても、飽きっぽい息子が最後までできるようにホットケーキミックスを使った簡単ケーキ)も作成。お味は、どんなだろ~~~

いつもありがとう、夫。これからも、良き戦友でいてください。

2006年11月16日星期四

ボジョレーが来た!

ボジョレー・ヌーボー解禁です!

ワインは全然詳しくないし、ウンチクよりもとりあえずアルコールが入ってて美味しければいいや!なので、どちらかというと味を楽しむよりはガブガブ飲んじゃうけい。でも、まぁイベントみたいなもんだし、楽しくて美味しければ良し!

061117

で、ご近所さんが仕事の関係で美味しいワインを分けてくれた。
彼女がオススメのワインはいつも間違いなく美味しいのだけど、今回も数種類ある中からこれを勧めてくれただけあって・・・

おおお!美味しいです。調子に乗って一人ガブガブ飲んでます。

ありがとう~!ご近所さん。


2006年11月15日星期三

お茶そしてお喋りは最高の慰安

ご近所さんに誘ってもらって、昼間から優雅にお茶。
平日のまっ昼間から優雅にお茶飲んでおしゃべりして、なんてゼイタクなんだろう私。しかも。

お手製アップルパイつき!
写真ボケボケでごめんなさい。携帯カメラしか持って行かなかったのが敗因だった。
でも添えられたアイス(これもお手製!)は濃厚で美味だし、アップルパイも甘すぎずちょうどいい感じで、いろいろ話は面白かったし、しばし楽しい時間を過ごしてきました。ありがとう~!


私は仕事してないと多分死んじゃう人なんだけど、それは家に居ると家族以外とほとんど喋る機会がなかったり、いてもママ友だけで境界密度がとても高くて(=特定の人としかかかわらない)、話のネタが途切れたりするかもしれないからかなぁ、と思いました。いろんな人とのお喋りは、それだけ私にとって刺激であり楽しみであるのかも。

2006年11月9日星期四

ありがとう、お世話になりました

看護の「センセイ」と呼ばれる立場になって、早6年。今年1年は以前の職場に非常勤として入っていたので、責任も学生ちゃんたちへのかかわる度合いも、去年までとは格段に低く、楽といえば楽、物足りないといえばそれも然り、な状況でした。(まぁ、今年はおちびちゃんもいて家が大変なので、それくらいの仕事ペースでちょうど良かったのだけれど)

そして今年も「農繁期」=実習が終わりました。
私の仕事は実習で学生と一緒に子どもたちにかかわり、看護を学んでもらうことだった。(と言うと大仰・・そんな大したもんでもないんだけど)

教員としてどうあるべきか。
いろいろ考えてみて、まず学生ちゃんたちのロールモデル(こうありたいなぁ、という見本)にならなくちゃと思った。ということは、こんなナースになりたい見本、まずは自分が理想とするナースの姿を示さなくちゃ。

そして。
恩師がしていたように、学生を引き連れて病棟に入る以上、業務の足を引っ張る(=患児ちゃんたちに迷惑がかかる)ことのないよう、そして実習させていただくだけでなく、現場のナースも何かを得られる「WIN-WINな関係」になれるように、仲介役として働かねばと思った。
で、学生ちゃんにとってのWINは「現場の良い看護を見せてもらうこと」、ナースにとってのWINは「自分の看護を振り返ったり認められること、とにかく閉鎖的になりがちな病棟に、実習が入ることで最新の風を吹き込まれること」と考えた。


6年間、ホントにいろいろ考えて本気で勉強し、自分が思っていた「子どもの話にきちんと耳を傾ける」看護師であれるよう、心がけてきた。
そして学生ちゃんに、本人やナース、私が行った看護の意味づけをし、ナースのかかわりで変化した学生の様子を伝え、ナースの看護を保障し考えられる解決策を伝え、新しい知見を伝え・・・・学生ちゃんにもナースにも実習が入ることで良いことがたくさん生まれるよう、思うことをできる限りやってきた。

6年間で、できることはやりつくしたと思う。そして、ナースの仕事を見ていて、やっぱり自分も直接患児ちゃんやご家族にかかわっていきたいと思い、新しい次のステップへ進むことにした。


今日が、6年間の最後の日でした。


何度も入院して長らくかかわった子が、私の絵をかいてくれた。でも、さようならは言わなくて、別れ際は目を合わせなかった。

ナースが次々集まってくれて、口々に新しいところでもがんばって、淋しくなるよと言ってくれた。


本当に嬉しかった。
やってきたことが、こうして別れが寂しいと言ってもらえたことで、認めてもらえたような気がした。

6年間でかかわった延べ500人近い学生ちゃんたち、それと同じくらいの患児ちゃんたちとご家族、たくさんのナースのみなさま。学ばせてもらったのは、私のほうです。本当にありがとう、お世話になりました。今まで学んだことを糧に、12月から新しい仕事に就きます。今まで以上に病気の子どもとそのご家族に何かできるよう、これからもがんばっていきます。

2006年11月5日星期日

紅葉に集合!

連休でした。

毎年ほぼ必ずと言ってよいほど、大学時代のサークル仲間と集ってどこかへ行ってる。夫と私は同じサークルで知り合ったので、当然皆顔見知り。年を追うごとに子どもが生まれてメンバーが増えて、今年はなんと大人10人、子ども7人(幼児4、乳児3)のご一行様と相成った。(今回は行けない人もいたので、もう少しで団体料金適応になるかも!)

集合場所は軽井沢。1泊で温泉あり、鍋あり、酒ありでしかも超まったり、ののんびり旅行でした。子どもが増えると無理が利かなくなるから、このくらいのまったり具合でちょうど良かった。すっかりリラックスして疲れも取れました・・・

061105

紅葉すんごいきれいだった。
今回はおちびちゃんも連れていたので、多分写真は撮れないだろうと踏んで、デジイチはおうちでお留守番。D80を持ってる人が居たので、ちょびっと触らせてもらいました。

・・・そろそろ新しいデジイチ、欲しくなりました・・・・

それはさておき、何だかんだで年に何回か顔を合わせるメンバーなので、自然と子どもたちも顔見知りになり、子どもたちは子ども同士で勝手に遊んでくれるようになった。きゃあきゃあ大はしゃぎしてたかと思うと喧嘩してたりにぎやかだけど、良いお友達らしい。数年後は乳児ちゃんたちも大きくなるので、ますます楽しみです。

みなさま、お疲れさまでした。
また行きましょうね~~~!!

2006年11月1日星期三

どす黒いムカムカの特効薬とは

いろいろと学び考えた結果、ポジティブな意見はもちろん、ネガティブな意見もできるだけ、相手を脅かさないように、でも相手に「入る(届く)」ように伝えようと心がけている。しかも、ネガティブな意見はできるだけ発展的に、個人を攻撃しないように・・・と細心の注意を払う。

・・・だけどここ数日、「全く腹立つんだけど今に始まったことじゃないし、今更言ってもどーすんのよ」なことや「言いたいけどコレを言って責任取れる立場にないから、どうしようもないし」とか、そーいう「リスクを犯してまでネガティブ意見を言ったところで何を狙う・何を得るのか??」と大いに疑問なことが続き、結果「言っても仕方ない(もしくはリスクが大きい)ので、言わない」という結論に達して意見を腹の中にしまいこむ、ということが続いていた。

言わなかったことはぶすぶすくすぶって、どす黒いムカムカになって腹にたまっており、大変に精神面の健康によろしくない状態が続いていた。

どす黒いムカムカの特効薬とは

ちょうどこんな感じ。光は見えるが届かず、みたいな。

で、そんな時。最近保育園で字を書くのがマイブームな息子が、お手紙を書いてくれた。


「おかあさんへ。おしごとたいへんでしたね。あしたもがんばってくださいね。」


・・・まだ字はヘタなんだけど、一生懸命書いたのは良くわかった。
いっぺんで、ムカムカしていた自分がアホらしくなり、疲れが抜けてシアワセな気持ちになった。

親がろくでなしだと、子はなんとしっかりすることか。(ええ、親ばかですとも!)
おかーさんは一人でぶりぶり怒ってて、アホみたいでした。ありがとう息子。おかーさんは、明日もがんばる。

« 十月 2006 | Main | 十二月 2006 »