プラン・ジャパン

  • 「外メシ」1回を「内メシ」にして、浮いたお金で途上国の子どもと交流。
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

favorites


thank you for visiting

無料ブログはココログ

« 七月 2006 | Main | 九月 2006 »

八月 2006

2006年8月31日星期四

子育てハッピーアドバイス

あちこちで、あまりに評判が良いので試しに買ってみた。絵が多くて字が少ない。さくさく読めそう。ということで、おちびが昼寝中にあっさり読破。

子育てハッピーアドバイス子育てハッピーアドバイス
明橋 大二

1万年堂出版 2005-12
売り上げランキング : 115

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

えーと、最近「親としての自分」ってどーなのよ、と悩みつつあった母親として読んでみたら・・・恥ずかしながら、うっかり泣きそうになった。そーよそーなんです、よくわかってくれました!みたいな。このテの本は大体毛嫌いしてスルーなのだけど、これは自分にスーっと入った。


で、「母親としての自分」を切り離して、「看護職としての自分」として読んでみたら、この本は本当に良くできていると思う。子育てしているお母さんには「自分はこれで良いんだ!」という自己肯定感を持ってもらうことが大切だし、さらに周囲の人からたくさん、いろんな形で協力してもらう、というソーシャルサポートがとても大切。
その2つの面を、お母さんたちが得られるように語り掛けている本でした。
書かれた先生はお医者さんでスクールカウンセラーだそうだけど、理論をしっかり押さえて、さらにそれを親しみやすく、わかりやすく書かれているあたりが、ベストセラーの理由だと思われます。

2巻・3巻(近日刊行)も、買ってしまいそうな予感。看護職からも、オススメの1冊です。

子育てハッピーアドバイス3子育てハッピーアドバイス3
明橋 大二 太田 知子

1万年堂出版 2006-09-06
売り上げランキング : 539

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ル・クルーゼ!

義理母から、お誕生日にといただいてしまいました!
ジャーン!

ル・クルーゼ!

フルーツグリーンという、とってもさわやかな色。いわゆるルクっぽい赤とかオレンジも良いけど、こんな可愛い色合いのも欲しかったのよ、実は。

何作ろっかな〜o(^-^)o ここ数日、夏バテと息子たちの相次ぐ夏風邪ダウンと他諸々でやや腐れ気味だったので、嬉しくて仕方ない。

ありがとうございます~!

2006年8月27日星期日

アンラッキーは続くよどこまでも

夏バテ気味らしく、いまひとつ活気のない今日この頃。パワーのない時っていろいろ変な物を呼び寄せちゃうのか、いまひとつツイてない。
目の前で電車に行かれたとか、朝いきなりチャリパンクしてた(息子:大&小を乗っけてれば無理もない!?)とか、そういったちっちゃいことなんだけど、積もり積もってくると結構ダメージだったりして。

あげく。

昼にご飯食べてたら「ガキッ☆」と嫌な音がして・・・なんと歯が割れてしまった!!ガーン!もともと虫歯で治療中だったのだけど、ひび割れが進行して割れてしまったらしい。

アンラッキーは続くよどこまでも

まぁそんな時もあるよねぇ。。。
明日、急遽歯医者に行ってきます。。。

2006年8月24日星期四

言葉的暴力

100円ショップにていろいろお買い物中に。

「○○!呼んだらさっさと来いよ、グズグズすんな!」

「そんなもん、買わねえよ、バカ!」

「ガタガタ泣くんじゃねぇよ、うっせぇな!」

・・・などなど、嫌になるほどすごい罵声。しかも女の人の声。
・・・・全部、5歳くらいの女の子、2歳くらいの男の子、おそらく自分の子どもに向けられた言葉でした。。。


自分も決して褒められた母じゃないし、終始子どもとべったりだと、すごくイライラするのもわかる。
だけど、だからって、大人に対してこんな事、言うのかな!? 子どもは言い返さないから? 

何か聞いててすごーーーく嫌な気持ちになって、帰ってきました。あんな罵声を浴びせられてるの、せめて今日だけな事を祈らずにいられない。


060824

気分を変えて。
こんなものも作ってみました。エコクラフトという、再生紙で作ったかご。これは「はんど&はあと」のキット。

2006年8月22日星期二

Happy Birthday

誕生日でした。

060822

この1年は、おちびを授かって仕事を減らして、自分でも結構激動でした。でも新たに家族が増えて(ということは、愛する男がもう一人増えて)みんな元気でケンカはするけどシアワセで、本当にうれしい。

次の誕生日までの1年も、みんな元気で楽しく過ごせますように。そのために私は、これからもがんばるです。

2006年8月20日星期日

焼肉!焼肉!

もうすぐ誕生日。いい加減、もう誕生日がうれしい年頃でもないのだけど、プレお誕生日と言うことで週末は美味しいものを食い倒れ。

焼肉!焼肉!

まずは夫超!!強力プッシュのお店で焼肉。うーまーいー!
夫と職場の人が、しょっちゅう会合開くのがわかります。家からもっと近いと良かったなー

そして日曜日は中華街で飲茶食い倒れ。美味しいもの食べて、シアワセでした。夫、ありがとう。十分シアワセになったので、これからもがんばれます(^^)

2006年8月17日星期四

子どものホームケア

とあるところでお仕事のため、子どものホームケアについて勉強(というか、復習)中。
だいたい、人の子どもは心臓が止まっても何をするかわかってるしできるのに、自分の子どもとなると超!オロオロ。こんな私が偉そうに人にレクチャーできた義理ではないのだけど、そこは棚に上げといて。

いろいろ調べて山ほど資料を取ってみた。
去年も似たようなことをやっていて、お母さん向けの資料のどれを見ても症状の「見分け方」とか「病気の種類」については細かく書いてあるけど、じゃあ実際に熱を測るときはどうすればいいかとか、薬を嫌がったらどうするか、についてはほとんど触れられてないことがわかった。

・・・はなはだ疑問。
だいたい発疹の種類をみて診断をつけたり、症状を見分けて薬を決めたりするのは、医者の仕事じゃないのか?
お母さんたちは「受診のタイミングがわからない」のが不安だと思っているのだけど、だいたい病気の子どもにあんまり接した経験のない人が、症状から病状を判断(看護では、アセスメントと言っている)して適切なタイミングで受診しろというのは、難しいんじゃないか?

そしてさらに。
小児救急の悲惨な現状は良く知られているとおりなのだけど、救急患者のほとんどは入院の必要もないくらいな軽症の子たち。だけど子どもの病状が心配なお母さんたちが救急外来を受診するのが多いので、混雑するのではないかという論文もあり。

さらにさらに。
医療者から見ればそんな「無駄な」救急受診患児を「減らす」ために、お母さんたちに「病気が見れる」教育をして救急受診患児を減らしましょう!って言ってる論文もあり。


それってどうなのよ!?
子どもの病気を見るのは医者だし、病状からどんな日常生活を過ごしたら楽になるかを考えるのが看護師だし、お母さんたちは子どものもっとも大きな支えで、かつ日常の世話をする人。
軽症の救急患児を減らすために、医者も看護師も自分の仕事をお母さんに押し付けようとしてるように見えるんだけど!?


読めば読むほどモヤモヤしてきて、だんだんフラストレーションがたまってきた。
現場で接するお母さんたちは、決して「昼間混んでるから夜間救急を受診した」人ばかりじゃないし(そういう人もいるけどさ)、がんばって病気の子どものために迷いつついろいろやって、疲れて子どもが直ったらダウンするお母さんもいる。

そんな人たちに、単に「病状を見分ける」教育だけをして、効果的なのかなぁ。心配になって受診したお母さんたちの「不安」は、それだけでなくなるのかな?


モヤモヤモヤモヤしてたら、恩師が書いたコラムを発見。
要約すると、子どものホームケアについて医療者が書いた文献には、お母さんたちに医療者と同じような「診断」を求めてるものが多いけど、それは無茶じゃないか?
お母さんにはお母さんの役割がある。それは、不快な症状で不安な子どもが、もっとも安心できるようにお母さんがかかわること。そして医療者は、お母さんがそんな風に子どもにかかわれるように支援することが必要なんじゃないか。


子どものホームケア


・・・恩師、あなたは本当に偉大です。
私が言いたかったのは、まさにこれでした。モヤモヤが一気に晴れて、自分が言いたいことの方向性が定まった。

自分なりの結論。
子どもが病気をして、家で看病する際にお母さんに必要なことは、子どもが安心できるようにかかわること。そしてお母さん自身が、安心して子どもにかかわれること。

そのためにお母さんたちに必要なのは
*可能な限り、他の人のいろんな援助を借りられること
 (どこに相談すればいいかわかる、人の力を借りるように自分から働きかけられる)
*病気の「診断」に関しては積極的に専門家を活用できること
*症状別に「子どもが楽になる」方法を知って、それが実践できること
*お母さん自身が、感染から身を守り、看病中でも適切な休息がとれること。

・・・きっとまだまだあるな。もうちょっと考えてみるけど、これらのことが伝えられるようなプレゼンをしたいと思います。がんばるぞー

2006年8月16日星期三

博多のうどん→その後先輩宅襲撃

夫の実家から戻りました。夫抜きでの帰省にもかかわらず、文字通り「3食朝寝・昼寝・夜寝」つきのとんでもないぐうたら嫁でしたorz
おとうさん・おかあさん、本当にごめんなさい・・・でもおかげで、だいぶ元気になりました。昼も夜も、上の息子かおちびに起こされ満足に眠れていなかったので、本当~~~~にありがたかったです。感謝しています~~!!

そうして元気も回復したところで、今日は大学時代の先輩がおうちを建てたので襲撃。奥さんが陶芸をされるので、なんと工房つきのドリームハウス!!うらやましい!

先輩宅は夫と私がともに大学時代を過ごした街にあるので、早めに出て懐かしの地をうろうろ巡ってみた。ここは変わったねー!変わらないねー!と盛り上がってたら、なんとこんなところを発見。

博多のうどん

関東にも「ウエスト」があるなんて!懐かしい~!
迷わずここでお昼を食べました。関東に来て衝撃だったのは、ラーメン屋が臭くない(とんこつラーメンは、どことなくケダモノ臭がする、気がする)ことと、うどんのだしが黒かったこと(あと、ねぎは最初から入ってること・・・博多うどんは万能ねぎかけ放題)、そして「蕎麦湯」の存在だった(知らなかった・・・)。
・・・久々に食べた博多うどん、懐かしの味でした。


そんなこんなで先輩宅へ。残念なことに、おちびのご機嫌がイマイチで、ずーーーっとだっこしたりあやしたりでぜんぜん写真撮れなかったorz ので、お借りしました。

78371f10_1

明るいし、天井高いし、開放的だし、とても気持ちよい。広いベランダで、子どもたちは水遊びで大はしゃぎ。何より、趣味の部屋があるのがステキ!戸建ていいなぁ・・・ まさに、夢を実現したおうちでした。

作ってくれたごはんもとても美味しかった!(あのレバーペースト!今度ぜひ教えて!) そして奥さんが作った(!)器に盛られて、本当に素敵だった。器はやっぱり、使ってこそ美しいんだなぁ・・・

そんなわけで、一日楽しく贅沢に、過ごさせてもらったのでした。お邪魔しました!そしてありがとうございますm(__)m

2006年8月13日星期日

新幹線のお楽しみ

今日から3日間ほど、夫の実家に帰省してきます。

Dvc00062_m_1

で、新幹線と言えば駅弁。ポケモン駅弁1000円也をお買い上げ。ちなみに母は鷄飯弁当780円也orz

親よりいいもの食ってます。

大人買い?

大人買い?

先日のSWANYにて。これだけ買って2,300円。セール万歳!
さー何作ろっかな〜

2006年8月11日星期五

ワーク/ライフバランス

来年以降の仕事の仕方について、現在かなり悩み中。
というのも上の息子が小学校1年生になる。小学校に入るって、環境が変わるので子ども自身が適応できるかどうか大切な時期であるとともに、今まで保育園で夜8時まできっちり見てもらえたのに、学童保育はせいぜい6時半終了、しかも行かない子は行かないで勝手に遊んでるらしい。

このご時勢、小学校1年生を一人で行動させるのはまだまだ不安。でも、保育園の手厚い庇護から一転して、誰も大人が見守ってくれない状態になりそうで、どうしたものか。。。
それもそのはず、小学校に通う子のお母さんは大半が専業主婦だそうで、やはり「家にお母さんがいて、いつでも見守ってくれる」状態なおうちが主流みたい。

個人的には、早くきちんと職について、ばりばり仕事したいし、自分のキャリアも育てたい。だけど、もちろん子どもも大事。ああ、悩ましいなぁ。。。。。。

「ワーク/ライフバランス」で考えると、今は「ライフ」に比重が置かれる時期だと思ってる。願わくば、ライフに比重を置いても仕事を継続しやすい仕組みができることを・・・

ワーク/ライフバランス

ご近所さんが、中国茶をくれた。最初はボール状なのだけど、お湯をかけるとこんなに花開く。この開く様子が、見ていてとても癒される。

2006年8月8日星期二

IKEA探検

今日は夫、仕事お休み。息子さんたちは(悪いけど)保育園に行ってもらうことにして、デートだ!デートだ!!
・・しかし、台風接近中につき、天気最悪。でもせっかくの平日だし、前から行ってみたかったIKEAに行ってみることに。

・・・しかし以前住んでたとはいえ、千葉の高速は不便。東京方面からだと首都高の千鳥町で降りても、湾岸習志野で降りても、IKEAまでは中途半端に遠い。しかも高速降りて357で微妙な渋滞にハマる。・・・結局、11時に出たのに、IKEAについたのは1時過ぎでした・・・そんなわけで腹ペコ。早速、スウェーデン料理を出すというカフェへ。

スウェーデン料理

スウェーデンはミートボールが有名料理らしい。というので、お約束でオーダー。びっくりしたのは、クリーム(チーズ)ソースの横にジャムがついてること。これはリンゴンベリーというジャムらしいのだけど、そんなに甘くなく、とってもフルーティ。それがこのソースにも、ミートボールにもとてもよくあう。これは新発見!
帰りにソースとジャム、忘れずに買ってきました。家でもやってみようっと!


IKEA店内はたくさんのモデルルームがあって、どれも素敵。「6畳」などの広さが明示してあるので、イメージしやすいし、いろんなバリエーションがあるので、見てて飽きない。

家具自体は、おしゃれだけどやっぱり値段相応かな・・・というのもあって見極めが必要だけど、子どもの家具はどれもステキで可愛かった!天蓋つきのベッドなんか、小さいころめっちゃ憧れたなぁ。。

IKEA探検

こんなちょっとキモカワな、遊び心のあるものがいっぱいです。そのほか、キッチンクロス59円とか!破格過ぎてびっくりなものもたくさんあって、1日楽しめました。特にキッチンクロスやランチョンマットは、シンプルなので刺繍なんかひと手間加えて使えそうなので、かなりいい感じ。

9月15日には、横浜店オープンだそうです。また、行っちゃいそうだなぁ。。。

2006年8月7日星期一

SWANYで大人買い&鎌倉TOUR

いとこ(とは言っても、年がちょうど一回り離れている(>_<)ので、何だか姪っ子みたい)と待ち合わせて、鎌倉へ。
11時の待ち合わせだったので、さてどうするか。。。と思案してたら、そうだ!今日はSWANYのセールじゃん!!

というわけで、開店少し前に並んでしまいました。平日、しかも月曜の朝イチなためか思ったより混んでなくてラッキー!オサレなリネンや、廃盤になった生地で作ったサンプルが格安で出てました。しかも、半額もあるし!!

・・・というわけで、大人買い。写真間に合わなかったから、後ほどup。山ほど買って2,300円でした。すごーい!
こんなことなら手芸部長や、手芸好きな友達を誘えばよかったとプチ後悔。部長、今度絶対行きましょう!!


そんなわけで朝から無駄にひとしきり萌えた後、いとこと合流してまず長谷寺へ。

060807

かなり暑くてグデグデになりそうだったのだけど、木陰、竹やぶは少し涼しい。

060807_2

木陰に並ぶお地蔵さま。小さいけど、圧巻。

060807_3

そしてお約束の大仏。大仏様も暑そう。

060807_4

その後小町通りでおそばを食べて、途中の路地裏でとんぼ玉を作ってみたりしつつ、鶴岡八幡宮へ。八幡宮は「ぼんぼり祭り」で、いろんな人が描いたぼんぼりがたくさん並んでました。夜に見れたらこれまた圧巻だったのだろうけど、保育園のお迎えがあるため、泣く泣く断念。

060807_5

これは私のお気にのお箸屋さんのディスプレイ。この煮干は、実は箸置き。あまりにかわいくて、うっかり買ってしまいそうだったけど我慢、我慢。


1日歩き回って、鎌倉を堪能してきました。写真を撮るためにちょこちょこ行ってるのだけど、まだまだ鎌倉は私の知らない面白いところがたくさんありそうです。

今日のメインはいとこの進路相談だったはずなのだけど、そのことはあまり触れずに、純粋に2人で楽しんできました。彼女にとっても、少し気分転換になってるといいなぁ。私は、大いにリフレッシュできました。

というわけで、また行こうね!

2006年8月4日星期五

私=ウザいおかん!?

上の息子が保育園のお泊り保育。
物心ついたときから散々おじいちゃんおばあちゃんに預けられてた彼だけど、「保育園にお泊り」はさすがにちょっと不安だったらしい。いつもよりちょっと緊張気味に登園。

しかし緊張気味だったのは息子だけでなく母も同じ。
お泊まり保育の進行を見ると、まず登園後は朝イチで電車に乗って海に行くらしい。幸い今日は午後から出勤。少し早めに出れば、ちょうど息子が駅に着く。

ストーカーか?と思いつつ、駅に着き、物陰からこっそり息子の様子を見守る。いつもの甘えっ子はどこへやら、しっかりお友達と手をつないで、バッチリ立派に先生の後についてるじゃないか。えらいえらい、息子。

自分は息子と反対方向の電車に乗るので、向かいのホームでこっそり様子を見てると、何とお友達が気がついちゃった!反対のホームから「○○のママ~!」と手を振られちゃった!

バレバレじゃん!

一緒に手を振ってた息子は、かなり恥ずかしそうでちょっと嫌そうだった。
あー私、息子の遠足とかに着いてきちゃうバカ親みたい。てゆーか、ウザいおかん!?

私=ウザいおかん!?

ちょっと前だったら、途中で会ったら喜んで手を振っていただろうに、やっぱり気まずいというか恥ずかしかったんだろうなぁ、息子。

いつまでもちっちゃい子だと思ってたら、知らないうちに勝手に自立してくのねん(T-T)

自立できないのは母ばかりなり。

2006年8月3日星期四

偉い先生はスゴい、やっぱり

今日も恩師のところでバイト。
内容は事務仕事いろいろ+研究員といった感じなのだけど、自分としてはあまりにも学べることが多くて、お金をもらいながら勉強しに行ってる感じ。先日のプロジェクトも大変に勉強になったけど、それ以上に考え方とか、仕事の進め方とか、そういった研究以外のところからも日々学ばせてもらっている。

前にも何度も書いた気がするのだけど、偉い先生は研究がすごいだけじゃなくて、人として尊敬できたり、素晴らしいところがあるからこそ偉い先生なんじゃないかと。というわけで、これからもさらにいろいろ学ばせていただき、さらに何か還元できるといいなと思います。がんばるぞー

偉い先生はスゴい、やっぱり

恩師のお使いでよく図書館にも行くのだけど、この図書館がぐちゃぐちゃのぐるぐるで、本はどこにあるかわからないし、移動は多いし、よく迷ってしまう。困った。

困ったと言えば仕事を辞めて現在フリーター状態なのだけど、何が困るって図書館が気軽に利用できないのが一番困る。ちょっと参考にしたい文献を検索したり取り寄せたりするの、学外者だといろいろ手続き超めんどくさいのよねん。使わせてくれないところも多いし。・・・でもそれも、恩師のお陰でちゃっかり、自分の分まで利用させてもらっている。大変に、ありがたい。

2006年8月2日星期三

最後は

やっぱりおいしいものでシメたい!

旧真鶴道路沿いの「主屋」という料理屋さんの鯵丼は、脂がのって半端なくうまかった!

この後、夫本格的に風邪でダウン。次は体調整えて行きましょう。

最後は

しっかし写真ピンボケだな。どうもこの携帯カメラ、フォーカスが合わせられない。。。下手!?

これから帰ります泣)

これから帰ります泣)

既に現実にかえって遊ぶ奴。

3日目:朝から

泳いできました。

朝から

2006年8月1日星期二

午後は

お魚になったボク。

午後は

もう、満喫しまくりです。楽しんでおくれ。

続いて

サッカー!

続いて

・・・はいいのだが、7kgの赤子を抱いて暑い中にサッカーは、おかーさんつらいぞー

二日目

夫風邪でダウン中につき、ホテルのアクティビティに参加中。

二日目

超真剣に作ってたのは15分くらいで、あとは遊んでんだかふざけてんだか(ーー;)
イマイチ創作活動は集中力が続かないらしい。もちょっと大きくなってからかな。

« 七月 2006 | Main | 九月 2006 »