プラン・ジャパン

  • 「外メシ」1回を「内メシ」にして、浮いたお金で途上国の子どもと交流。
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

favorites


thank you for visiting

無料ブログはココログ

« 売ります | Main | メシは活力 »

2006年4月10日星期一

Romi-Unie Confitureでいがらしろみさんにジャムを習う!!

本当は3月の末の話なのだけど、退職のバタバタで書ききれませんでした。。。。
というわけで、密やかに行ってきたんです、「Romi Unie Confitureでいがらしろみさんにジャムを習う!」
ここで絶対チコクできなーい!!と騒いでたのはこのためだったのでした。結局、あまりの渋滞に諦めてRomi Unieからはだいぶ離れたところに車を停め、全然余裕・むしろ早すぎるくらいに着いちゃったのでした。

060410_1

ここのジャムは組み合わせが面白くて、おおっ!と意外な味に会えるのがステキ。というわけで、鎌倉に行くたびにせっせと通って買ってます。以前はWECKの瓶を使っていたので、ウチには可愛い空き瓶がごろごろ。でも今年になって、↑このタイプの瓶に変わってます。こちらも銅色のふたが、またステキ。

060410_2

で、そのステキなジャムの作り主に直接習うことが出来るなんて!着く前からかなり舞い上がってましたです、ワタシ。舞い上がりついでに声まで上ずってしまいました。あーハズカシイ。。。。
でもそんなアホにもろみさんは優しく、時々ジョークも交えつつ和やかにジャム製作は進んで、徐々に私の極度の緊張も緩んだのでした。

作ったのは「あまおうのいちごジャム」と「国産オレンジのマーマレード」。
銅鍋でぐつぐつ煮えるジャムはほんのり甘い香りで、何だかシアワセになる。フランスではシーズンになるとマルシェにジャム(コンフィチュールと言うべき?)を煮るための銅鍋が並ぶらしい。日本で梅の季節になると梅酒の瓶が並ぶように!なんて解説も楽しい。

060410_4

ジャムって瓶を煮沸消毒してー、とか、とにかく面倒なイメージがあったのだけど、ホント驚くくらいさくっと、あっさり出来て本当に驚きました。まだ煮えたてで熱いうちに瓶を逆さまにして、ふた部分を熱で消毒しちゃえば良いそうで。なるほどー

060410_3

楽しく興味深く教えていただいて、オマケにできたジャムを山ほどいただいて、おうちに帰りました。
美味しいものには目がない息子、とにかく食べ物に関心の薄い夫が、このジャムを食べて大絶賛!!おおースバラシイ。さまざまなコツを伝授していただいたので忘れないうちに速攻メモしておき、さっそく自分でも作ってみた。ろみさんの著書にあった、「いちごと蜂蜜のジャム」。

・・・・なるほどー!簡単でホントにおいしいです。
ろみさんはジャムを広めるお仕事をされるそうですが、ホントこんなに簡単でおいしいなら、もっともっと広まって欲しいです。少なくとも、これから私はいっぱい作っちゃいそうだし、みんなに簡単だよー、おいしいよー、って言っちゃいそう。

そんなわけで、とても充実した時間を過ごし、たった1日でめちゃめちゃジャムにハマってしまったのでした。ろみさん、一緒に参加された小竹さん(この方もすごい方でした!)、ココログスタッフのみなさま、ありがとうございました。これから季節の果物を見るのがもっともっと楽しくなりそうです(^^)

« 売ります | Main | メシは活力 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184/9529513

Listed below are links to weblogs that reference Romi-Unie Confitureでいがらしろみさんにジャムを習う!!:

« 売ります | Main | メシは活力 »