プラン・ジャパン

  • 「外メシ」1回を「内メシ」にして、浮いたお金で途上国の子どもと交流。
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

favorites


thank you for visiting

無料ブログはココログ

« Niki's Kitchen | Main | そしておちび初の発熱 »

2006年4月20日星期四

子持ちで働くということ

仕事を辞めちゃったので、年金や健康保険を自分で払わなくちゃならない。すでに夫の扶養には入れないので自分で何とかしなくちゃなのだけど、なけなし(T_T)のバイト料は2人分の保育料だけで吹き飛んでしまう。退職金もこんなもんかー、な金額で、到底足りやしない。

これが専業主婦で夫の扶養に入っていたら、扶養手当は出るし年金も健康保険も払わずにすむ。苦労しながら働かなくてもいいじゃん!なんて思って、ちょっとユウウツ。(まぁ、以前ほど保障はされなくなったようで、大変みたいだけど。。。)

それでも今年は息子たちと自分のためにも少し時間に余裕が欲しい、でも完全に辞めてしまうと上の息子が(あと1年で小学校にもかかわらず)保育園を辞めなくてはならないので、さしあたり今年1年は貯金を切り崩しながらバイトする覚悟。それじゃ意味ないじゃん!と思わなくはないけれど、仕方ない。

・・・結局、子持ちで仕事をするなら責任も伴うし時間的な余裕もないけどきちんとした定職できっちり稼ぐか、働かないで扶養されちゃうか、二者択一なのかなぁ。

子持ちで働くということ

まだまだ世間は働く母には厳しい。少子化で若年人口が減る今後、若いお母さんを育児だけに縛り付けない、多様な働き方ができる社会になることを、切に願います。

« Niki's Kitchen | Main | そしておちび初の発熱 »

Comments

こんにちは。
なんだか充実してるような反面、問題もあるようですね。それにしても扶養家族になれないなんて、変なの。
人生の中には明らかに回り道かも?なんて思ってたら実は違ったって事もごろごろしてますよね。この1年がばりーさんと家族にとってどういった意味を持つんでしょ。楽しみですね。
私は相変わらずですよ。忙しいし、やりがいはあるけれど、でも社会的評価はなし、という環境。いつかこれをでかーく化けさせてやる!

退職までの収入と、これから息子たちを保育園に通わせるために細々とつなぐバイトで、既に扶養の範囲を出ちゃうのが敗因みたい(+_+)
そんなこと言ったって!完全に仕事辞めちゃったら上の息子は移って半年、あと1年で卒園の保育園を辞めなきゃいけないし!・・・いろいろ悩ましいのよう。。。

neeさん、相変わらず、学業大変みたいだね。。。
でも自分も修了して思うけど、学業ってやってる時は社会的評価は全然ないけど、終わったらそれは自分にとってとんでもない栄養になって、自分の頭を形作ってることに気づくのよね。そしてそれは、ものすごい自信にもなってると思う。

大変だけど、苦しいけど、がんばれ~っ!
(でも、体には気をつけてね、ホント)

扶養範囲ってけっこう狭いのよねぇ。中途半端に収入あるのが問題なんて、変なの。海外にお金流出させてないで、国内充実させろよなー、お上は!

勉強ね、大変よー。でもやっぱり楽ちん(笑)。主婦業はお座なりだし、ほぼ学生一本でしょ。苦しんで生み出すものは確かにあるけど、でもやっぱり楽だわね。13年働いてきて、これは休暇だと思ってます。このうちに栄養しっかり蓄えて、今後は私の稼ぎだけでで生活して、夫の収入を全額貯金!これが目下の目標ですな。
ばりーさんこそ体気をつけてね。まだ産後すぐでしょ。お子ちゃま同様無理は禁物よ。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184/9681561

Listed below are links to weblogs that reference 子持ちで働くということ:

« Niki's Kitchen | Main | そしておちび初の発熱 »