プラン・ジャパン

  • 「外メシ」1回を「内メシ」にして、浮いたお金で途上国の子どもと交流。
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

favorites


thank you for visiting

無料ブログはココログ

« 三浦半島でまぐろづくし | Main | 厳しいけどやむなし »

2005年10月17日星期一

息子とお料理

ワタシには夢がある。
それは、仕事で疲れて帰ってきたら息子が「母ちゃん、メシできてるよ」とごはんを作って待っててくれること。
その夢に向けて、地道に努力中。でもまだまだ飽きっぽいお年頃なので、やらせようとしてもすぐに遊びに行ってしまう。

ところがここ最近は保育園の製作で「ごますり」をしてくるのでそれを使って夕飯を作っていたら、にわかにお料理に興味が出てきたらしい。やってみたいというので子ども用の包丁を買って、介助しながらやらせてみた。

dvc10051_m.jpg

まぐろ漬け丼と白菜と豆腐のお味噌汁。

漬けは昨日のまぐろの残りを仕込んでおいて、息子は上手にごはんをよそって盛り付けを担当。そしてお味噌汁は超目がマジになり、「左手は猫の手」でちゃんと押さえて白菜&豆腐をカット(ただし、大きさはかなりバラバラ)。
にぼしだしを投入し味噌を混ぜ、完成したときには本人もかなり達成感があったらしい。

ところが食べる時にうっかりお椀をひっくり返してしまい、「せっかく作ったのに・・・」と涙目(T_T)。私の分から分けてやってご機嫌を直したのだけど、「せっかく一生懸命作ったんだから、ごはんは大事にしなきゃ」と身に染みてわかった様子。

いろいろ体験させてみるって、大人は大変だけど子どもにとっては大事だなぁ。というわけで着実にまた一歩、私の野望に近づいているのでした。うしし。

« 三浦半島でまぐろづくし | Main | 厳しいけどやむなし »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184/6443418

Listed below are links to weblogs that reference 息子とお料理:

« 三浦半島でまぐろづくし | Main | 厳しいけどやむなし »