プラン・ジャパン

  • 「外メシ」1回を「内メシ」にして、浮いたお金で途上国の子どもと交流。
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

favorites


thank you for visiting

無料ブログはココログ

« 一月 2005 | Main | 三月 2005 »

二月 2005

2005年2月27日星期日

Baritone sax.

修論も(あと少し残ってるけど)無事に終わったし、前々から誘ってもらってた、ビッグバンドの練習にはじめて行ってみた。「SWING GIRLS」で一躍有名になったビッグバンド。高校の時にブラスバンドで本当にちょっとだけ、かじったことがある。ビッグバンドはずーーーーっとやりたいなぁと思ってたんだけど、人数も多いし維持も大変だし、何となく機会を逸してきてた。それが今回、実現!嬉しい!
dvc10027_3
10ウン年ぶりに吹いたBaritoneは、思ったより全っ然吹けなくて何だかちょっと悲しくなったけど、でもすごい楽しかった!高校のときは部活に絡んでいろいろ(本当にいろいろ)ありすぎて、「音を楽しむ」音楽ではなく「音が苦」になっていた部分もあり。。。。今度はオトナになった分、本当に「音楽」を楽しみたいなぁと思う。

2005年2月26日星期六

これからやらなくてはいけないこと

お手伝いをしている研究会のイベントの、裏方さんを仰せつかって今日もお仕事。
今日はいろんな方の講演があったのだけど、その中に患者さんから医療者に望むこと、という演題があった。

いかに医療者から説明されないことで不安を感じ、医療者の大きな・小さな言動に傷ついたか、切々と話されていた。

その昔、予後にあまり望みがもてない子のお母さんから、いろんな形で怒りをぶつけられて、どうしたらいいか分からなくて、真剣に看護師を辞めようと思ったことを思い出して、その講演は責められているようで本当に辛かった。途中から自分の感情と看護師としての冷静な頭が切り離せなくなってしまった。ああ、まだまだ未熟。。。

lamp

今だったら、そのお母さんの気持ちを冷静に・分析的に理解できたり、お母さんに何を説明し、どうやって気持ちを受け止めたら良いのか、当時よりはずっとずっとわかる気がする。貴重な体験を語ってくれたその方は、おそらく医療者と十分話し合う機会を逸し、そのわだかまりがすごく心につかえてるのではないかと思う。

後援者の方がそんな体験をする前に、もっとできた看護はなかったのかな。。。と考えた1日でした。まだまだ看護が足りていないところが、たくさんある。これから私(たち)がやらなくてはいけないことが、たくさん、たくさんあることを痛感した1日でも、ありました。

2005年2月25日星期五

ちみっとゼイタク

なんか風邪っぽい。ちょっぴり微熱でイマイチ調子も出ない。インフル流行ってるし、気をつけなくちゃ。。。
同級生からごはんのお誘いをしてもらったけど、そんな調子なのでごめんなさいして帰宅の途に。(妊婦で準備してくれたのに、ごめんよ。。。)

駅に着いたら次の電車まで30分待ち。マジかよ~、というわけで、ちみっとゼイタクして特急で帰宅。食欲はイマイチなんだけど、ついでに車内で駅弁食べてみる。

dvc10024.JPG

とりあえず今晩しっかり寝て治す。。。実は明日も仕事だし。

2005年2月23日星期三

息子の帽子

保育園まではチャリ通園。冬になってからあまりの寒さに息子が「耳がちぎれる~!」と大騒ぎだったので、1月に帽子を編んでみた。一目ゴム編みでざくざく編んで、約2週間で完成。超~~簡単だったのに結構暖かいらしく、息子いたくお気に入り。(母も編んだ甲斐があった・・・)

dvc10013.JPG

ちょびっと大きすぎて、大人でもかぶれそうなのはご愛嬌。これをかぶって、春までもう少し寒い中、登園予定。

2005年2月22日星期二

蕎麦屋にて

息子が保育園帰りの道すがら、「そばが食べた~い!」と珍しくリクエスト。ごはん作るの面倒だし、夫ごめんー、と言いつつ蕎麦屋で晩御飯。

しかし。店にはその蕎麦屋の娘(今時の小学生らしく、愛想のない女の子2人)と、酔っ払い気味の中年オヤジと私と息子。蕎麦屋の娘どもはお客さんに混じってTV見てるのだけど、オヤジがメチャメチャちょっかい出す。娘は明らかに嫌がってる。そのちょっかいが、ほっぺをさわったり、スカートを覗き込もうとしたり、肩を抱こうとしたり、「子どもが可愛いからちょっとちょっかい出してみた」オヤジにしては、あまりにも行動が厭らしくて目に余る。

頭にきたので、おかみさんにタレこんでみた。
いくらお客さんだからって、子どもにセクハラ厳禁ですから!性的虐待で成敗するぞ、ゴルァ!

dvc10012.JPG

そんなこんなで、せっかくの手打ちのお蕎麦はイマイチ美味しく感じられなくて、二重に不愉快。くっそー。

そういえば高校生の頃、可愛い同級生が無理やりナンパされたりからまれたりしてるのを助けたことがあったっけ(しかも2回も)
決して自分が性的ハラスメントの被害に会うことはないのだけれど、そういうのを助ける役回りかもしれん。(それがいいのか悪いのかは、この際おいといて)

2005年2月21日星期一

ダイエット効果

あまりのデブ加減に業を煮やして、結構がんばってダイエットしてるにもかかわらず、全然痩せないって、どゆこと?
明らかに基礎代謝、減少してる??
その昔ビンボー学生だった頃、夏は家にクーラーがないという理由だけで勝手に3kgくらい痩せていた。あの頃が懐かしい。。。

dvc10046.JPG

基礎代謝をあげるために筋肉をつけるべく、近所のスーパーにも歩いていく。その道すがら、可憐な水仙を発見(でもすごい後ピン。。。携帯カメラのAFってムズカシイ。。。)

2005年2月20日星期日

じゃがいもニョッキ

ご近所さんからニョッキをいただいた。うれし~!トマトソースかなー、クリームかなー、ミートソースも美味しいよ!なんて教えてもらい、結局かぼちゃクリームに。

dvc10043.JPG

ジャガイモ独特の歯ごたえが美味(^^)自分で作ると結構面倒だけど、久々食べるとやってみようかなぁ、という気になってみたり。

2005年2月19日星期六

いちご狩り

朝起きたら雪積もってました。さすがに日中は雪から雨になったけど、超寒い。
でも週初めから息子が行く気満々だったので、温室だしまぁいいかといちご狩りへ。さすがにこんな天候のせいか、誰もいないしほぼ貸しきり状態!すげー、うれしー、と息子といちご食べ放題。

dvc10002.JPG

最近いちごを買ってもほぼ全部息子に奪われるので(ベランダになったいちごですら(T_T)久々にこんなにいっぱい食べたっ!って感じでした。1年分まとめて食べたかも!?

2005年2月17日星期四

美味しいは元気の源

さすがに怒涛のスライド作成(3時から発表なのに10時までスライド作ってた)、修論発表、間髪いれずに泊りがけスキーに行ったら疲れちゃったのか、なんだか元気が出ない。疲れたー、というより、エネルギーが枯渇しちゃったような。

そこへ来て職場のツートップからのヒアリングがあり、改めてその方針や姿勢や考え方に、呆れたというかバカというか、段々腹が立って途中から怒りに手が震えてメモすら取れなくなってしまった・・・
その場で辞表を叩きつけたかったのを何とか踏みとどまり、感情的にならずに話を終えるようがんばった。一応。

そんなこんなで、枯渇している所にさらに意気消沈。(blogまとめ書きなのはこんな事情からで。。。)

dvc10032.JPG

そんな中、Oさんが「疲れてるときには甘いものを!」って、いっぱいいろいろ送ってくれた。これはその一部。こんな時は人の親切が本当に身に染みる。ありがたい。何か涙出そう。こんな超アホトップの下で、あと1年だけ頑張ろうと、なんとか思い直すことができた。

dvc10038.JPG

その中のHershyのこのチョコ、すごい好きなんだよー。この絶妙にツボを突かれた感じも、立ち直りのきっかけになったかも。ホントに、ありがとう。

2005年2月14日星期一

はじめてのバレンタイン

息子が年下のガールフレンド(!?近所の仲良しのおともだち)から、はじめてのバレンタインチョコをもらって大喜び。
懐かしのパラソルチョコレートが何と30本入りで息子大喜び!ごはんの前に1本、がっつりごはん食べて食後に2本、って感じで結構いいペースで美味しそうに・嬉しそうに食べてる。ホワイトデーのお返しは「クッキーを作ってあげる」らしい。それはどうかなー。母はちょっとビミョーだと思うなー。

dvc10039.JPG

10年後には本気チョコとかもらってきちゃったりするんだろうか。母はそれもビミョー・・・

2005年2月13日星期日

焼肉♪

スキーの後は温泉で、その後焼肉。

dvc10038.JPG

なんてシアワセ(#^O^#)

2005年2月12日星期六

スキー満喫!

予想通り、尾瀬岩鞍はFOMA通じませんでした・・残念!
でも雪がすっごい良くて、スキー満喫です。息子も夫の教育の成果あって、リフト初体験!してしまいました。うしし、息子を冬になればスキーな男に仕立てるのだ。

dvc10028.JPG

温泉にも行っちゃったo(^-^)o

2005年2月11日星期五

尾瀬岩鞍に移動中

朝5時に出て、尾瀬岩鞍へ。今10時半なのにまだ前橋。渋滞60キロってどゆこと?!
dvc10025.JPG

2005年2月9日星期三

終わったぁ!

朝っぱらから先輩に泣きながらスライドを修正してもらい、超~~~ギリギリセーフで発表に間に合った。
質疑応答で緊張のあまり意味不明になっていたのはおいといて、何とか無事に発表を終えた。

よかったぁぁ!

dvc10022.JPG

終わった後のお祝いケーキは、本当に美味しかった。
先輩方、先生方、本当にすみませんでした。そしてありがとうございます。

2005年2月8日星期二

海より深く反省

もう頑張れないよーとか、泣き言こいてる場合ではなかった。。。
いろいろ焦ったり、思うように進まなかったり、いっぱいいっぱいだったんだけど、あまりにもいっぱい過ぎて最低限の連絡すら忘れてた。明日の発表を控えて、私のいない学校では、「コイツ発表準備大丈夫か!?」と心配してくれて大騒ぎになってたらしい。

本当に申し訳なかった。海より深く反省・・・・あまりに反省深くて、ホント泣きたい。

dvc10016.JPG

ああ、できるだけ「社会人院生だから」ってことに甘えないように心がけていたのに。。。
人に迷惑やら心配をかけたこともそうだけど、自分の社会人としての常識ない行動にヘコむ。。。。

2005年2月7日星期一

焼叉飯

料理って、継続は力ナリだなぁとホント思う。
続けてきちんと作ってるとそこそこ満足なものも作れるけど、サボって久しぶりにやると、たいがいヘタ。これも脂身が少なすぎて、イマイチ風味にかける。海鮮醤切らしてて、風味も足りないし。

dvc10010.JPG

あーあ・・・・

2005年2月5日星期六

CSS。。。

論文が終わりそうで終わらない。でもまあ後少しなんだけどね。。。
少しお疲れ気味なのか、考えが回らないし何だかいろんなことが億劫。来週の発表が終わったら、少し休みたいなぁ。。。

050206

長らく放置していた自分のサイトもそうだけど、お仕事がらみでHP作成作業が2~3件。ここ3年くらいHP作成にご無沙汰してたら、HTMLだけじゃなく、CSSだの、XHTMLだのいろいろ出てきてて、ひ~っ、わからない!!ホームページビルダーを使ってるんだけど、でも自分でもHTMLやらCSSが分かってないと、どうにもならない時があって、結局自分が困るんだよねぇ。
・・・というわけで、ぽちぽちCSSの勉強もせねばだなぁ。

2005年2月2日星期三

服薬指導とプライバシーの保護

息子が鼻たれ気味だったので、近所の小児科クリニックへ。処方箋をもらって、さらにこれまた近所の処方箋調剤薬局へ。そこは狭いので、カウンターと待合室がとても近い。カウンターで話している内容が、待っている間にも丸聞こえ。同じく近所にある内科が花粉症治療で有名らしく、結構混んでいた。

「○○さーん」と呼ばれた男性が、カウンターに進む。
薬剤師「今日は何で病院におかかりになったんですか?」
男性「花粉症で・・」
薬剤師「そうですね。鼻水を押さえる○と、目薬の×が出ています。
     他に何か病院におかかりですか?」
男性「えっと。。。。その。。。まぁ。。。(もごもご・・)」
薬剤師「何か続けて飲んでいらっしゃる薬はありますか?」
男性「えっと。。。あるんですけど。。その。。名前は。。忘れました」
薬剤師「じゃあ、以前に伺ったカルテを見せていただきますから結構です。
    ・・・・△△と××ですね。」
男性「!!」

男性は、明らかに「えーっ!」という顔になってた。薬の名前を言った薬剤師さんの声は、すごくデカくて私の所にも聞こえてきた。何で男性が「えーっ!」となったのか、それで何となく分かった気がした。・・・・向精神薬だった。うつ病とか、統合失調症(昔は精神分裂病と呼んでいた)の治療で飲む薬。

ここから先は私の憶測だけど、男性は薬の名前とか、病名とか、人に聞かれるのに抵抗があって言いづらかったんじゃないだろうか。。。病気を人に知られてもかまわないと言う人もいれば、どんな小さな病気でも知られたくない人もいる。精神疾患は、特に人に知られたくない人も多くいる。飲んでる薬で何の治療をしているか、分かる人は分かる。

服薬指導は大事だと思うし、飲んでる薬と新たに処方された薬がバッティングしないか注意するのも、薬剤師さんの大事な業務と思う。でも、もうちょっと方法に配慮しないと、患者さんはとても嫌な思いをするんじゃないかと心配。

看護職は患者さんのプライバシーを守り、病名とか、家族の情報が他の人に漏れないように配慮することを法律で決められていて、基礎教育からバッチリそれを教え込まれる。研究発表をするときも、患者さんの個人が特定できないように、最大限配慮する。だから人前で大声で患者さんのプライバシーを言っちゃうその薬剤師さんの行為は、余計に気になったのかも。。。でもねぇ。だからって。

dvc10002.JPG

息子の順番になったときも、どんないきさつで鼻たれるようになったのか(わかんねーよそんなの)、今までかかった病気は何か、根掘り葉掘り聞かれた。息子に処方された薬は、ちょっと刺激があるので嫌がる子どももいる薬なのだけど、その飲ませ方については何の話もなかった。
私も持病があって、それは人に知られても全然OKなんだけど、何となくこの薬局で薬をもらうのは嫌だなぁと思った。
いつか機会があったら、ご意見としてフィードバックしようと思う。

« 一月 2005 | Main | 三月 2005 »