プラン・ジャパン

  • 「外メシ」1回を「内メシ」にして、浮いたお金で途上国の子どもと交流。
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

favorites


thank you for visiting

無料ブログはココログ

« 十二月 2004 | Main | 二月 2005 »

一月 2005

2005年1月31日星期一

エサよこせ〜

息子は今、魚のエサやりにハマってるらしい。
大喜びでちんまりした容器に入って1個100円のエサを喜んであげている。どーやら魚の数に対しエサ量が全っ然足りないらしく、人の気配がするとわらわら寄ってくる。

↓こんな感じ。ちと怖い。
dvc10017.JPG

うわー、すごいねぇ。。ってうっかり手を出したら・・・
dvc10018.JPG

噛まれちゃった(TOT)
いてて、動物に手を出してはいけません。つーか、子どもでもやんねーよ。反省・・・

2005年1月28日星期五

もう少し、が、長い・・

おそらく体調が悪いせいだけど、本当にがんばれない。
来週発表練習があるのに、今日発表原稿を見てもらいに面接に行き、案の定滅多斬りになって(まぁ自業自得)帰ってきました。頑張れないので、目の前に出しても何だかぐるぐるしてる。。。もう余力ないよ。。。本当にあと少しなんだけどなぁ。。。

そんな中、私のチャリの籠に明らかに読み終わった後のスポーツ新聞(しかもえっちな欄が表向き)が放り込んであって、怒る気力もなくてめっちゃ滅入る。

dvc20044.JPG

まあ仕方ないか。本当にあと少しなんだけどなぁ。。。

2005年1月27日星期四

ひごもんず

先日、ちらりと品川に寄る機会があったので品達に行ってみた。
ラーメンに限ってはとんこつ限定!他は不可!な排他的九州人なため、品達だと「なんつッ亭」か「ひごもんず」に限られる。しかしお昼前に着いたにもかかわらず、なんつッ亭は長蛇の列!
なもんで、もうちょっと空いてたひごもんずで、角煮ラーメン(ルータン=煮卵トッピングしてみました)食べてきました。

dvc10007.JPG

とんこつなのに超あっさり。
好きな人は多分好きなんだろうなぁ。個人的にはもうちょっとケダモノ臭いほうが好み。自慢だけあって、角煮は美味しい!でもルータンは醤油のみの味、って感じで、醤油辛いだけというか・・・あと生キャベツはちょっと遠慮したい・・・
「生来のホスピタリティ」は店員さんにはあんまり浸透してないかもです。
同じ熊本ラーメンだったら、にんにくが目いっぱい効いた「こむらさき」の方が好みかなぁ。そう言ってたら、猛烈に食べたくなってきた。今、風邪をずるずる引きずって元気ナシなので、にんにく刺激が恋しいのかも。

2005年1月26日星期三

チョコベビー

論文の審査は無事終了。
でも2週間後に控えた発表準備に再び追われてる。

つーか分かりきってたんだから、早めに準備しとけよ、自分。
先週体調崩してやる気失ってたのがイタかった・・

dvc10003.JPG

息子が大好きなチョコベビー。よーーく見てみたら・・笑ってるのがある!

2005年1月25日星期二

タクシー

いつも無駄にたくさん走ってるのに、今日に限ってタクシーがこなぁぁい!保育園のお迎えに遅れちゃうじゃんか、どーしてくれんだ、チクショーッ!

また息子にオコられる・・(ノ_・。)

2005年1月24日星期一

小児医療のこれから

息子が川崎病のフォローでかかっている病院を、移ることになった。
主治医の先生は女性で、多分私と同世代。私は最初に看護師です、ってカミングアウトしちゃったんだけど、それでも入院中、外来受診時もどんな治療をしてどんな状態か、きちんと説明してくれてた。心エコーもきちんと息子に声をかけながらやってくれる。こんな先生と一緒に働きたいなぁ、といつも思ってた。

でもその先生はいつも疲れてやつれてる感じがした。

ふと外来の張り紙を見たら・・「小児科の夜間救急を廃止させていただきます」と書いてある。
・・・その病院では常勤の小児科の先生が2人しかいない。でも地域の1次救急的(時間外で、具合が悪い時まずかかる救急、軽症だけど患者さんは多い)な役割の病院なので、たった2人で当直して夜間救急をまわしていた。医師の当直は通常の日勤をしてさらに夜勤へ突入なので、24時間勤務以上になる。患者さんが続くと、全然眠れないまま次の日の勤務になる。日常の診療にすら支障をきたすので、やむなく廃止を決断しました・・・という内容だった。
何だか、張り紙からも「本当はやりたいし、やらなくちゃいけないんだけど、でももう限界・・・」という悔しさが伝わってくるようだった。

dvc10002.JPG

たぶん先生はいつも寝てなくて疲れてて、でも子どもにも家族にもきちんと接してくれてたんだと思う。
それを思うと頭が下がるし、そんな先生たちの頑張りでようやく成り立ってる、小児救急を本当に何とかしなくてはならないと思う。私にできることは何だろう?修士が終わったら、看護職として何を変えていこうか、そのためにどう動くか、本気で考えていこうと思う。

2005年1月23日星期日

九州じゃんがらラーメン

その昔、東京と言えば新宿でも渋谷でもなくてまず「秋葉原」が浮かんでた頃(どんな頃?)、秋葉原といえば「九州じゃんがらラーメン」でした。
関東でラーメンなんか食えるか!醤油ラーメンはラーメンじゃなくて支那「そば」!ですから!と文句たれてたので、夫が連れて行ってくれたのでした。もーそれ以来ファン。大ファンったら大ファン。
九州人にも大満足なお味で、しかも店員さんがいつ行ってもフレンドリー。さらに独特な店の雰囲気も好きなんだ、これが。

dvc10007.JPG

今日は「こぼんしゃん全部入り」。角肉も明太子も旨かった。あーホント大満足。そう言えば最近秋葉原行ってないけど、コスプレには興味ないからまあいいか。

2005年1月20日星期四

混沌としとります

あまりの職場の惨状に、思わず記念撮影。
つーか、ホント汚い。資料を取ろうとすると山が崩れる。そしてノートパソコンの裏にひっそりとたたずむのは、消毒用アルコール(ただし消費期限切れ、回収業者に出そうとして、すでに8ヶ月・・・)
落ち着いたら掃除しよう。。。。

dvc10003.JPG

体調激しく崩してます。あたまいたい。おなかも。「ノロウイルスかな!?」って言ってたら、「あれはアンタのよーな体力ある人がかかってもダイジョブだから」と軽く流されて終わり。これだから看護職ってばよ・・(^^;)

2005年1月19日星期三

イマイチやる気消沈中

論文の審査も半分クリアして、次は発表。スライド作って、原稿作って、他にも成績つけて、仕事で使った領収書の整理して・・とやることはたくさんあるのに、イマイチ意気消沈中。

それは妙な横槍が入ったり、来年度からの職場の状況を予測するとユーウツになるからかも。後は気も抜けちゃったのかな。。。

いかんいかん、こんなことじゃあ・・
・・・(-.-)Zzz

dvc10001.JPG

目覚ましがわりに、変な広告発見。
広々110平米、でもバルコニー長さ0m!?

2005年1月18日星期二

にせゆうこりん再びっ!

近所のベーカリーつきファミレスに、勝手に「にせゆうこりん」と呼んでるバイトの女の子がいる。
最近見かけないなぁ。。と思っていたら、久々にレジにいた。げげっ。

そして店内では、オヤジが猛烈に怒って店長を怒鳴ってる。店長ぺこぺこ平謝り。にせゆうこりんはレジで、微笑んでるんだかそうじゃないんだか、小学生がちょっと恥ずかしがってへらへらクネクネしてるような、微妙~な表情でモジモジしてる。

で、オヤジは何にそんなに怒ってるかというと・・
「パンの値段くらいメモして貼っとけよ!何度も見に行って、わからないんじゃ困るじゃないかっ!」

・・・つまり、にせゆうこりんは2ヶ月前から全然進歩してないようでした。
オヤジがプンプンに怒って退場する時、満面の笑顔で「ご指摘ありがとうございましたぁっ(^O^)」
そしてまたもや行列を作ってる私らに「お待ちのお客さま、お待ちくださぁ~い(^^)」と意味不明なお愛想。(言われなくても待ってるってば・・)
さらにまたもや、いちいちレジからパンの値段を見に行く。隣同士に並んでたパンを買っても、わざわざ2回見に行く。パン焼き職人のおっちゃんにも「クロワッサンは○○円っ!いい加減、覚えなよ!」と言われてる始末。

つーか、怒られた自覚、ないでしょ。自覚ないし、いい仕事しようとも思ってないでしょ。

学生ちゃんでもよくいるのだが、怒られても全然改善されないし、苦にもならない人って本当にいる。
彼らは他人の感情を察知できないか、もしくは「できなくて怒られてる自分」が認められなくて、「自分はできてるのにぃ」ととらえている、認知の歪んだ人のどちらかに別れる。(さらにすごい人は、それを他人のせいにする、特に我らのせい)

・・にせゆうこりんは両方だと思う・・・多分。

dvc10002.JPG

最近息子が弁当にパンをもって行きたがる(副食のみ給食で、主食は持参)ので、時々パンを焼いている。今日は焼きたて。でも焼きたてすぎて、柔らかくて切れませんでした・・・あうー

2005年1月17日星期一

好きと上手は違うのよ

メープルシロップを入手したので、マフィンでも作ってみようかと、レシピを検索。
確かにレシピどおりに・・作ったはずなのに・・生地がゆるゆるで何かおかしいなぁ、と思ってたら、焼き上がりはマフィンと言うか「カステラ」な食感。しかも黒糖がわりにメープルシロップ、で味もカステラ、な変な感じ。
しかもベーキングパウダー+ベーキングソーダ(両者は似てるけど若干違う)を加える、というレシピだったので、通常よりも猛烈に膨らんで、しかも生地がゆるいので型からあふれて決壊し、大変なことに。あちゃー

dvc10004.JPG

お知り合いには料理が「上手」だと嬉しい誤解をしてもらってるけど、「好き」と「上手」は違うんですー(TOT)といつも思う。いつもは失敗はこっそり闇に葬るんだけど、今回は正直にカミングアウト。

2005年1月16日星期日

謝れないオヤジ

息子と近所のプールへ。
コースロープの所に立ってたら、隣のコースの平泳ぎオヤジから思いっきり股間を蹴られた!
体が「く」の字になるほどの勢いだったので、かなり痛い。痛いったら痛い。しばらく動けなくて、その後プールサイドに移動しちゃったほど。
それなのにオヤジってば、知らん顔して泳いでいって、その後ちらちらこちらを見てる。その後悠々とジャグジーにつかりながら、やっぱりこちらをちらちら見てる。この野郎!蹴られた所が痛いんだってば!
あんまり頭きてたので、「この野郎電波」を出しちゃったらしい。察知したオヤジはばつ悪そうに去って行った。
ホント腹立つ!息子だってお友達に痛いことしたらごめんなさいと言う。蹴られたのは仕方ないとしても、知らん顔されたのには本当に怒り心頭!チラ見するほど気になってるなら一言謝ればいいじゃん。せめて言ってくれればこちらも気は治まっただろうに。
家に帰ったら蹴られた所が青タンになってて、さらに怒り倍増。くっそー

あまりの怒りっぷりにビビった息子が、懸命に慰めてくれたのが唯一の救い。すまん、君は何にも悪くないのに。

dvc10005.JPG

Benesseの「はんど&はあと」という手作りキットつき雑誌を定期購読してます。毎回違った手作りキットがついてて、今回はオーブンで焼く樹脂粘土で作る箸置きを作ってみました。息子と一緒にこねこねして、かなり楽しんでしまいました。

2005年1月15日星期六

子どもの臓器移植

多臓器移植の1歳男児退院へ=Xマスイブにドナー-米

実はタムタムさんち経由でこの男の子、大橋陽佑くんを救う会に募金をしました。なので、元気に退院したというニュースは本当に嬉しいです。6臓器同時移植!そしてそんな大手術後3週間で退院できるって、子どもって本当にすごい回復力!

臨床にいた時は、移植しか助かる見込みがなく、そのまま亡くなった子を多く見たので、本当に喜ばしいと思います。
・・・ですが・・・移植は必ずドナーが必要であり、おそらく小腸移植というのは「脳死」状態のドナーの方だったと思います。助かる命の反面、亡くなった命もあり、ドナーの家族の方をどうケアするかも、移植の課題だと思っています。

2005年1月14日星期五

また一歩前進

審査後の論文の直しはどうにかOKが出て,再度副査(審査をしてくれる先生)に見せれば何とかなりそうになってきた。一歩一歩,何とか進みつつあって嬉しい。。。いや、まだ終わってないんだけどね.
相変わらず10時から論文の面接にもかかわらず、資料ができたのが9時57分。。。そろそろ学習して,早めに準備ができるようにすれば良いのに>自分

dvc10002.JPG

スタバのクリスマスバージョンコーヒー豆を3パックも買ったのに,電車の中に置き忘れてしまった苦い年末の思い出。。。普段は滅多にしないのに。。。やっぱりお疲れだったのか??
でもスタバのドーナツは,とってもアメリカンでウマイ.

2005年1月13日星期四

理解に苦しむ弁当

職場の食堂の定食、そして弁当はかなり謎が多い。そして今回、さらにパワーアップ!

dvc10096.JPG

焼肉、キムチ(しかも日数経ってるらしく、妙に酸っぱい。余ってるから再利用?)ってあたりは多分ビビムパ。
目玉焼きが乗ってるのは、ナシゴレン?
野菜炒めは?
そしてきんぴらは??

理解には苦しむが、これはこれで結構ウマイ。というわけで美味しくいただきました。ごちそうさまー

2005年1月12日星期三

季節はずれな苺を収穫

12月がすごく暖かかったせいか、ベランダで育成してる苺に花が咲き、なんと収穫できてしまいました。
この後もあと4個くらいは実をつけそうな感じ。かわいいやら、ちょっと嬉しいやら。

dvc10086.JPG

しかし、甘かったのかは不明。時々観察しながら「まだ食べられない?まだ?」と色づくのをめっちゃ楽しみにしていた息子に2個とも奪われましたとさ。まぁ何も言ってないところを見ると、結構美味しかったに違いない。

2005年1月11日星期二

一山ふた山

論文は、連休中に修正したところは概ねOKで、あとは足りなかったところの修正を加えることになり、何とか一安心。
でもまだまだ細かい作業が続く。ううう・・・一山越えて、また一山。とりあえず目先の山からクリアしてゆくしかないよねぇ。。。。

dvc10067.JPG

あまりにもストレス太ってしまったので、現在お昼休みにジョギング決行中。ちょっと体を動かすと気持ち良い。だけどなかなか体重は減らないのはなぜ。。。。

2005年1月10日星期一

まだまだ論文は続く。

連休最終日。にもかかわらず、まーだ論文書いてます。
とりあえず明日指導教授に見てもらい、修正した後副査(審査をしてくれる教授)にもっていく、という段取り。それでオッケーがもらえたらまず一山越えたことになるかなー。
そして、次は発表が待っている・・・今度はパワポとの格闘になりそうです。

dvc10074.JPG

お昼に食べた近所のイタリアンファミレスのパスタは、なかなか旨くてバカにできない。今日はホタテのトマトクリームペンネ。

2005年1月9日星期日

久々にお客さん

今まであまりにも追い詰められていたので、お客さんをもてなす余裕すらなかったのだけど、久々に夫のバンド仲間がウチに集合しました。

合計大人7人+子ども1人で、タコス・メキシコ風チキンの煮込み・ガーリックチキンウイング・ホタテのセビッチェ、ブロッコリーと海老のサラダなどなどを作成(写真忘れたT_T)
久々に大量の料理を作ったら、いつも概ねぴったりくらいにできるのに、目算を誤って大量に作りすぎた(TOT)
しばらくきちんと料理してなかったので、できるだけ失敗のないように・・・と簡単メニューを選んでみたにもかかわらずっ、手際が悪いこと悪いこと・・・

やっぱ料理ってずーっと継続しないとダメだなぁ、と思った次第です。

050108_200931_ed.jpg

おいしい!と言ってもらえて恐縮です。しかし、今日作ったのは、どれも「混ぜて焼くだけ」とか、「ゆでて混ぜるだけ」などの超~簡単メニューだったことは内緒。すみません、リハビリも兼ねてました・・・

2005年1月8日星期六

パパカレー登場

↓子育て、大変でよく嫌になるけど、でも楽しみも多いぞー、なんて考えながら論文の修正をがしがしやる。すっかり遅くなって帰宅したら、パパカレーができていた。わーい!!

dvc10071.JPG

先日、学校の机の上に博士課程の入試願書が置いてあった。
ひえぇぇ、博士なんてとんでもございませんんん・・・とこっそり引き出しにしまってしまいました。その話を夫にしたら「頼む、博士はやめてくれ・・」
修士でこんなに苦労して、博士なんてとんでもございません。自分もいっぱいいっぱいなんだけど、家族にもこれ以上迷惑かけらんないよねぇ。ごめん、夫&息子。あともう少し。あともう少しで学生を終えられそう。

子どもが少ない国

男女の4分の1「子どもをほしいと思わず」

結局、子どもと一緒の生活は「自分がやりたいことが阻害される」ってことなんだろうか、と考えると、ちょっと寂しくなっちゃった。
確かに、子どもがいるとちゃきちゃき仕事を片付けて、最悪でも6時あがりしないと保育園のお迎えに間に合わない。同僚とのだらだらおしゃべりもできないし、せっかく乗ってきた仕事も途中で中断しなくちゃならない。
おまけに必死の思い出早く帰れば「もう迎えに来た!」とぶーたれるわ、ご飯は食べさせないと食わないわ、お風呂はぐでぐでして抱え込まないと入らないわ、なかなか寝ないわ・・・

でも、世の中に今、息子くらい私のことをラブラブしてくれる人がいるか?(だんなさん、はとりあえずおいといて)
子どもがいると制限は多いけど、その分時間のありがたみが以前より増してだらだらしなくなったし、何より子どもの力にビックリしたり、子どもと比べて自分の未熟さにこれじゃダメじゃーん!と反省したり。

少なくとも私は、息子ができて大きく成長させてもらったと思うけどなぁ。。。。
子どもが要らない1/4の人は、苦労もあるけど得るものも多い子育てを避けて通るなんて、ちょっともったいないなぁ・・・と思ってみたり。

2005年1月7日星期五

がんばれカンニング!!

カンニング中島、白血病だった

年末のお笑い特集で、急病で入院中、と聞いてたんだけど、白血病だったなんて!
カンニングは同郷で同世代、博多弁で結構かなり、応援してたので余計ビックリ。抗がん剤治療や骨髄移植は、直にそれと戦う患者さんに接してきただけに、その大変さが良くわかる。記事中に竹山が「ギャラの一部を中島の治療費に当てて欲しい」と言ってるのも泣かせる。ぜひがんばって、カムバックして欲しい!
キレる竹山を止められるのは、本人も言ってたけど、あなたしかいませんから!

2005年1月6日星期四

基本的な欲求

審査が終わるや否や、今度は指摘された所を修正しなくちゃならない。
でも緊張疲れもあって、イマイチ乗り切れない。。。あうー

うにゃうにゃしてたらお昼になっちゃったので、同僚で集って行きつけのラーメン屋へ(まただよ)

もーホントに職場はうんざりしたりがっかりすることが多いんだけど、美味しいものを食べてる時は、確実に、シアワセ。

dvc10063.JPG

食とか睡眠とか、基本的な欲求が満たされないと、頑張るものも頑張れないし。

2005年1月5日星期三

審査終了・・

今日、論文の審査でした・・・内臓が口から飛び出してきそうなくらい、緊張しました。あまりに緊張して、前の日全然眠れなかったし、こんなに緊張したのは初めてかも。

でも言われた内容は本当にもっともで、最後オソロシイ勢いで書いたものはやはり穴だらけ。そこをズバリ突かれて痛い部分もあったけど、全体的には「言いたいことを的確に言い表すにはこうした方が良い」という内容をたくさん指摘してもらって、非常に有意義でした。・・・・緊張しすぎて、終わったら腰が抜けたけど・・・

dvc10061.JPG

正月夫の実家のわんこが、息子の帽子&マフラーを巻かれて大いに困っていた。普段はやんちゃな子なのに、固まって身動きとれず。ごめん、かわいそうだけど笑っちゃって、すぐに取ってあげました。

2005年1月4日星期二

仕事始め

今日から仕事始め。
でもなかなか起きない息子を叩き起こしたら逆切れし、朝っぱらから大喧嘩。(あーあ)
チャリはパンクしちゃうし、えらい人の年始の挨拶はこんな内容だし・・・

中越地震 → 津波でいっぱい人が死んじゃった(亡くなられた、って言わないか?フツー) → 津波が発生する機序(何とか波がどうとかこうとか・・) → 突然地球温暖化の話(津波&地震とどんな関係が!?) → 温暖化は人災だ! → そんな訳で(どんな訳?)自分の身の程を知って謙虚に生きましょう
(トップダウンに逆らわず、言われた通りに動けって事らしい)

とめっちゃ論旨破綻。先が思いやられるよ・・

dvc10055.JPG

行きつけのお店の杏仁豆腐は、ホント美味い。真っ赤なクコの実が入ってふるふる、そして程よくミルク味。
美味しいものは元気の源、こんなものを食べて、今年も頑張る。

2005年1月3日星期一

お正月おしまい

今年のお正月休みは短かった。渋滞を避けて自宅に戻り、お洗濯してお買い物して、年末にやり残した掃除をしたら1日が終わっちゃった・・・しょぼん。

人生最大の嵐だった12月の修論の疲れとダメージを引きずったまま、年始しょっぱなから、明後日は口頭試問。ぽちぽち準備はしていたものの、どうなることやら・・・まだまだ論文は終わらない・・・

dvc10007.JPG

ぼやいてばかりも何だし、仕事始めにあたって年始の目標設定。
1.まずは口頭試問・発表×2をクリアして修了すること (これが終わらないと!!)
2.また英会話に行く (3月までに資料請求をして、4月~or7月から通う)
3.来年からの仕事をどうするか、情報収集をする (収入減となっても、もちょっと家庭を顧み、やりたいことができるように選択する)
4.もうちょっと住んでる所の地域活動に力を入れる (いろいろ問題が山積み)
5.ケンカをする時は感情的にならず、論理的にすること (なかなかクリアできない)
6.周囲の人への感謝を忘れないこと(これ大事)

以上、2005もがんばります~

2005年1月2日星期日

初滑り&スキーデビュー

だんなさんの実家がご近所の、同級生と一緒に初滑りで尾瀬岩鞍へ。去年は息子の入院騒ぎで結局1回も行けなくて、何と2年ぶり!
ついでに息子もスキー場デビューさせてみました。前日の大雪で大はしゃぎしていただけあって、最初は怖々乗ってたそりもボブスレー並(!)にビュンビュン飛ばして大喜び。そしてどうしてもやる!と言って聞かないので、試しにレンタルスキーをさせてみたら、だんなさんに手を引かれてちょっとだけ滑って、ご満悦でした。
次回はスクールに放り込んで、息子も「冬と言えばスキー」な男にする予定。

dvc10102.JPG

その昔、後輩に「どこ出身?」と聞いて「滋賀です」「あー、長野ね(それは志賀高原)」と答えたほど、頭の中はスキーだらけでした。
2年ぶりの滑りはストレス太りと運動不足がたたって、納得できない滑りでしかも筋肉痛。正月休み明けたら、筋トレしなくちゃ!!

2005年1月1日星期六

明けましてオメデトウ

明けましておめでとうございます。年越しは、ついつい紅白の「マツケンサンバ」を見てしまいました。
昨日降った雪がまだまだ残って、寒いお正月になりました。

dvc10101.JPG

今年は、無事に「学生」を終えることができれば、1役少なくなって少し余裕が出るんじゃないかと踏んでいる。
その分、忙しすぎてパーになっておろそかになっていた、人に感謝の気持ちを忘れずに過ごすのが、今年の目標です。

今年も、よろしくお願いします。

« 十二月 2004 | Main | 二月 2005 »