プラン・ジャパン

  • 「外メシ」1回を「内メシ」にして、浮いたお金で途上国の子どもと交流。
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

favorites


thank you for visiting

無料ブログはココログ

« 健康と食生活 | Main | あああ困った・・・ »

2004年11月24日星期三

そりゃあできない訳だよねぇ

学生ちゃんのレポートを読んでると、結構な確率で「コイツ小学生か!?」と思うような幼稚なレポートがある。
まず「考察」が書けなくて、こちらとしては「こんなことやこんなことから、こういったことが考えられる」という考えたことを書いて欲しいのだが、「採血の時、子どもが痛そうでかわいそうでした」「ニコっと笑って可愛かったです」などなど、感想文じゃねーってば。
そして漢字が書けない。「せっきょくてき」とか「うでをこてい」とか、ひらがなで書いてるのはまだマシで、「眠る」が「寝むる」になってたりとか、レポートの内容よりも誤字脱字で赤ペンを入れるほうが多かったりして。

そして明らかに文章として意味がわからないのもあったりして、それは認知の問題なのかなぁと思ったこともあったけど、今日のネットニュースを見て、妙に納得してしまった。

「日本語力」低下 4年制私大、国立さえ… 「留学生以下」お寒い大学生

同じ国語能力のテストをして、得点が中学生以下、って大学生が実に2割とか3割いるらしい。
「憂える」の意味が「嬉しい」!?
「露骨に」の意味が「大げさに」?!?

そりゃあおかしなレポートが多いわけだよねぇ。。。。

調査を行った教授の分析では、推薦入試などで勉強の必要性がなくなった、ってことになってるけど、私は本や文章をよく読まないのと、書かないのが原因だと思ってる。
(まあそもそも、インターネットはともかく雑誌やテレビ(特に目玉のマークのテレビ局)で使われてる日本語も結構悲惨だから、そんな大学生が卒業しておかしな日本語を発信してるのかなぁ)
自分のことは思いっきり棚に上げるけど、これって伝えたいことが思いっきり相手に曲がって解釈される原因になってるんだろうな・・・かなりコワイ。

« 健康と食生活 | Main | あああ困った・・・ »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184/2059982

Listed below are links to weblogs that reference そりゃあできない訳だよねぇ:

« 健康と食生活 | Main | あああ困った・・・ »