プラン・ジャパン

  • 「外メシ」1回を「内メシ」にして、浮いたお金で途上国の子どもと交流。
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

favorites


thank you for visiting

無料ブログはココログ

« 収穫の秋 | Main | ダイエット中 »

2004年9月7日星期二

「退職医師」を小児救急に 再教育し人手不足解消

yahoo! ニュースより。。。
--以下引用
 小児科医の不足で、子供の救急医療体制の維持が困難になっている現状を改善するため、厚生労働省は7日までに、結婚や出産、定年で退職するなど医療現場を離れた医師を再教育し、小児救急の拠点となる医療機関へ派遣する体制を整備することを決めた。
 2005年度予算の概算要求に3億9000万円を計上し、小児救急の充実を図る。
 子供の医療をめぐっては、少子化に伴う不採算性や労働条件の悪化から医学生が小児科を敬遠する傾向が強まる一方、親の側でも共働きが増え夜間や休日に診察を求めるケースが増加。小児救急の現場では、夜間の患者たらい回しや当直医の過労が問題化している。
(共同通信) - 9月7日8時39分更新
--引用終わり

「救急医療体制の充実」ということは、当然「夜間・休日」の人手が欲しいんだろうけど、「結婚や出産で退職」した医師は、夜間・休日に働きたいのだろうか?定年退職した医師も。

最近は女医さんも多い。でも、彼女らの仕事をしながらの出産・育児の条件は、看護師よりもずっとずっと悪い。悪いを通り越して「劣悪」だ。(それは男性医師も同じ。連日当直で何日も子どもの顔を見てない、なんてこともざら)
そんな「育児と両立できなくて、辞めざるをえない」体制には改善の余地はないのだろうか?

小児の救急医療の充実(と言うよりも、大人並に整備)は急務だと思うけど、何か方向性が違う気がする。

« 収穫の秋 | Main | ダイエット中 »

Comments

こんな記事がありました。40代の医師が病院長に就任したはいいが、「もう限界」と言い残して、すぐ辞めてしまったというのです。

 村立病院は1980年に開設された。診療科目は内科と外科、小児科、整形外科で、ベッド数は70床。うち一般病床は34床で、残りは療養型。法律で定められた医師定数は5人だが、院長の辞職により常勤医は70代の嘱託2人だけとなり、非常勤医を合わせても約3.7人になった。(河北新報)

 村民は「ひんぱんでもないのに、夜間診療を断られた」「勝手に診療時間を縮めた」とかいって怒っているそうです。
 少しは想像力が働かないんでしょうか?記事を読むだけで過酷な勤務実態が伝わってきます。
 こんな陣容で、ベッド数70もの病院が運営できるわけがありません。常勤医が3人で、病院長以外は70代の老人しかいないんですから、40代の病院長は家に帰れません。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184/1378014

Listed below are links to weblogs that reference 「退職医師」を小児救急に 再教育し人手不足解消:

» 病院は医師4人では運営できない [医学教育のひろば]
 大雨洪水警報が出ているので学校は休み。試験前だからちょうどいい。  さて、こう [Read More]

« 収穫の秋 | Main | ダイエット中 »